2018年10月7日日曜日

片瀬ドロクダ(10月度活動報告)


 5度目1年半ぶりの江ノ島です。



 前回はだいぶ痛い目に遭いましたが、今回は市民向け「砂浜観察会」に参加させて頂きました。


地曳網篇

ソロ篇
タッグバトル篇
受難篇(事情によりブログ記事なし)



 だいぶひねくれた市民で申し訳ない。一人だけ胴長だし。


 
 「海の生き物を守る会」「日本自然保護協会」「東京経済大学」の共催で、会のメーリスやtaxaなどでも案内があったのですが、どうやら今回は応募者が少なく、ほぼクローズドな観察会となったようです。秋の海も楽しいのに。

 とはいえ、本日の最干潮は9時前で40cmちょっと、開始は10時なので、 わりと満ち潮な感じです。


 こうなれば潮上帯を攻めるしかない、と思ってさっそく人目を憚らず漂着物を漁ってみますが・・・

 辺りにはEDM系のミュージックがガンガンと流れ、ウィンドサーフィンを嗜むアゲアゲなヤングが集っています。そうですね。海藻や流木なんかはあらかた片づけられていますね。


 一応、打ち上げ海藻は少し分解されていてハエが集まっているのですが、漂着物の裏にはハネカクシやハサミムシもおらず、ハマトビムシもおらず、埋もれている海藻をほじくってもなにも出てきません。

 初戦、かなり苦戦してわずかばかりPlatorchestiaを得た記憶がありますが、その後もこの付近でハマトビのコレクションを充実させることはできていません。

 漂着したカジメの根をほじくり返すとメガロパがうじゃうじゃと出てきますが、ヨコエビはいません・・・カマキリヨコエビがいてもよさそうなものですが・・・




 今回のテーマはマメガニとのことですが、潮が満ちた状態で砂地の穴を探すことは難しく、しばらく粘って諦めました。

 砂地にはスナホリムシが結構います。




 あまりに坊主なので、ドロクダムシを1頭恵んでもらいました。


Monocorophium cf. uenoi

 微小なメスですが、ウエノドロクダムシに似ています。

 ネズミをくわえたネコよろしく、スナホリムシがこのドロクダをくわえている様子が観察されていましたが、どうやら腹節下面が大きく欠損しているのはそのためのようです。脚が食われなくてよかった。


ヨコエビのグリセリンプレパラートヘタクソ選手権

 ただ、咬脚の剛毛の位置や長さはStephensenの原記載の図とやや相違があり、苦しいところです。私もあまりM. uenoiの標本は持っていないのでこれから精進することとします。





  このままでは本当に坊主になってしまうので、砂地を諦めて橋脚のフジツボをこそぎ落すという反則技に出ました。

 ここでもドロクダムシ。ただし、メスがよく採れ、オスはわずかでした。

 M. uenoiっぽいものの、要検討です。



 以前江ノ島側で採れたドロクダムシ科と比較すると、オスの形態がだいぶ違う気がします。基質への付着状況も違うので、別種と考えてサンプルを増やした方がよいようです。

 江ノ島側のドロクダについては、ドロクダの決定版的な Bousfield & Hoover (1997) でも落ちなかったので、属もキメられないヨコエビストは信頼を失いがちですが、その実、Bousfield & Hoover (1997) の例えばkey7の尾節の記述などは到底適切とは思えず、尾節が癒合するグループについては何だかんだ勘に頼って乗り切る部分があります。

 現実問題として、広義のCorophiumの範疇を越えるようには見えないので97年より前の文献を用いても属へ行けないという前提が横たわっており、あとは解剖して種の特徴まで検討してしまうのも手かもしれません。


足跡は残せたかな?











<参考文献>
—  Bousfield, E.L., P.M. Hoover 1997. The amphipod Superfamily Corophioidea on the Pacific Coast of North America. Part Ⅴ. Family Corophiidae. Corophiinae,new subfamily. Systematics and Distributional Ecology. Amphipacifica, 2(3): 67-139.
—  Stephensen, K. 1932. Some amphipods from Japan. Annotationes zoologicae Japonenses, 13(5): 487-501.
—  小川洋 2011. 東京湾のヨコエビガイドブック. open edition ver.1.3. web publication. 140p.


2018年9月28日金曜日

ROAD TO DESCRIPTION Ⅵ (9月度活動報告)



 うだつのあがらないサラリーマンによるヨコエビの記載に向けた活動の軌跡です。


I(立志篇)
II(救済篇)
III(解剖篇)
IV(研鑽篇)
V(調布篇)






 前回、調布篇ではいよいよ顕微鏡の購入に向けて動き出した旨をご報告しました。

 せっかくなので助成金などをいろいろ検討して、若干すったもんだあったのですが、今回は身銭を切って購入することにしました。
 ただ、中古なので、出費としては当初の想定最大予算の3分の1以下ですね。ありがたいことです。









 人一人が入れそうな段ボールと格闘。

 尋常ではない緩衝材の量ですね。





 箱にネジが貫通してますね。ライカさんお茶目ですね。




 組立図とかは特にありませんがまあ悩む要素はあまりないです。

 あと、ネットに無料でカタログがアップロードされてたりするので、ダイアグラムを簡単に確認できますね。



実体顕微鏡


Ampithoe valida

(*'ω'ノノ゙☆パチパチ...



生物顕微鏡



Victoriopisa ryukyuensis

(*'ω'ノノ゙☆パチパチ...



 とうとう我が家に「端脚類研究室」が設立されました。




 さて、少し考えれば分かる程度の話ではありますが、顕微鏡受け入れ時に用意しておいた方が良いもの。


収納スペース
 言わずもがな。パンフレットの諸元でも確認できますが、お店で見た時に形状のかさばり具合とか、マキシマムの大きさを測っておいたほうがいいかもしれません。今回は描画装置をセットアップした状態を見る機会はなかったので、出荷前に業者のほうで測ってもらうのもアリかもしれません。
 ちなみに調整可能なメタルラックに収納することにしていたため、今回私のほうでは購入前には大きさはあまり気にしていませんでした。



エアブロワー
 分解されている顕微鏡を組み立てる際、レンズとレンズの間にゴミが入らないようにする必要があります。



マイクロファイバークロス
 ブロワ同様。家にPCのノベルティでもらったのがあったので流用しました。



 あと、オリンパスはカバーがついてきましたが、ライカはついてこなかったので、大きくて厚手のビニール袋などは用意しておいた方がいい気がします。



 そして転倒防止。
 最近大きな地震もあったのでできる限りの対策はしておきたいところ。

 ひとまず自転車のカゴ用ネットを購入して、メタルラックに縛り付けることにしました。
 
 

 また、トリセツについて。
 オリンパスの本体には紙ベースでついてきたのですが、描画装置には無く。ただ、ネットで探してみるとすぐ出てきたのでとりあえず確保。

 ライカは公式サイトにあるのがカタログ止まりだったので、顕微鏡業者に確認してもらったのですが、1台ごとに付属するものではないとのこと。
 そんなご無体な、と思っていたら、 Manuals Onlineという、説明書の類がアップロードされているサイトがあって、そこで見つかりました。


 これから双眼実体のライティングなどを検討していくことになります。


 
(つづく)



2018年8月31日金曜日

いのちのたび ~平成最後の夏は宝虫探し~(8月度活動報告その2)


 今から約1年前、ヨコエビ界隈を震撼させたこのニュース、皆さん覚えているだろうか?



 豪州のビーチで冷たい海水の中に佇んでいた少年が、知らないうちにできた大量の傷から出血を起こして入院した、という奇妙な出来事である。

  医療関係者が首を傾げる中、彼の父親は自ら原因究明に乗り出し、現場で生肉に群がってきた生物を捕獲して、研究者に同定を依頼。 結果、フトヒゲソコエビ類であるとの結果が得られた。少年が負傷した真の原因が特定されたわけではない(というか、どのような方法で検証しても推測の域を脱することは困難と思われる)が、甲殻類(ヨコエビ)が関与した可能性がある珍しい事例ということと、被害に遭った少年の姓が甲殻類(カニ)を彷彿とさせる カニゼイ(Kanizay)” だったこと、そして超絶イケメンだったことで、ネットで大いに話題となった。



 ちなみに報道写真では、吸入マスクを取り付けられ足から鮮血を滴らせた痛々しい姿となっていた少年ですが、およそ1か月後には応援するサッカーチームの選手と共に笑顔で写真に収まる姿がチームのFacebookで紹介され、 今年の1月には家族と共に地元ランニングフェスティバルに参加している様子も父親のFacebookに投稿されており、傷は癒えてきたようです。




  さて、あれから調べを重ねたところ、どうやらヨコエビによって「海で人が齧られた」ケースというのが結構あることが分かりました。以下にその事例を幾つか示します。






御多分に漏れずグロ注意であります!!








CASE 1 小関・山内 (1964)

 7月上旬.N県の某海岸で7歳と11歳の少年が溺死.7歳の少年は半日後に発見されたが,もう1人が見つかるまでに2日かかった.手足は浸漬作用を受けて膨れ上がり,肌の組織は軟化し腐敗が始まっていた.皮膚には目立った傷は無いものの,表面が小虫によって齧られており,2種の等脚類と,1種の端脚類(Anisogammarus pugettensis トンガリキタヨコエビ)が含まれていた.



 
CASE 2 小関・山内 (1964) 

 1月.川で40歳代の男性が溺死し,下流へと流された.2日後,N県の某海岸にて漂着しているのが発見されたが,顔面や頸部に粟粒大あるいは米粒大~小豆大の丸い損蝕創が多数認められ,眼球や耳介は片方だけを残し,もう片方は抉り取られたようになっていた.表面には多数の海産ヨコエビ(Anonyx pacificus シリアゲソコエビ)が付着しており,遺体が川を出て,海に達してから浜に打ち上げられるまでに,この小動物によって損壊されたものと推測された.

 


CASE 3 永田ほか (1967)

 8月下旬.15時半ごろ,F県海上保安部の巡視船が,杭に結びつけられたまま漂う小型木造船を発見した.船尾左舷が破壊され,船体は8割ほど海中に没していた.船底には漁獲したものと思われる数匹の魚,船中からは麦わら帽子や弁当箱などが発見されたものの,乗員は影も形も無く消え失せていた・・・と,ここまで聞くと,バミューダトライアングルのフォークロアか,はたまた84年版ゴジラのオープニングか,ミステリアスな展開であるが,船体に残された塗料の剥げた痕跡から衝突事故によって乗員が海中に放り出されたことが推測され,直ちに曳網による探索が行われた.
  約1日後,付近の海底から1体の遺体が引き揚げられ,着衣などから行方不明となっていた60歳代の漁夫と判明したが,その状態は極めて異様であった.全身に死斑はなく,顔面や頸部など肌が露出した部分の軟組織が消え,軟骨および骨のみが残り,舌は無く,顎はほとんど外れかかっており,鋭利に切断されたかのような血管に加えて,気管の縁はジグザグな切断面が見られた.スクリューによる損傷などを検証するために剖検が行われた結果,死因は溺死であり,スクリューの接触によってできるはずの骨折跡はなく,着衣と肌の間や体内には,2種のヨコエビ(Orchomenella littoralis ナイカイツノフトソコエビ,Orchomenella japonica)を含む大量の小虫が発見された.これらの状況から,死後ヨコエビ等の蚕食によって遺体が損壊されたものとの結論が導かれた.死斑が無いのは海底に沈むまで海流に揉まれていたことを示しており,総合的に判断して,14~15時間の間にここまで白骨化が進んだとみられる.




 さて、この中で最も侵蝕作用が激しいのは、F県の事例と思われます。

 人を食うヨコエビの生息地と時期が分かったところで・・・



 実 際 に や っ て み ま し ょ う 。






Starting S.A.M. project 

(Scout for the Amphipod's Meals)




1.まず漁協に電話してみました


わたし:ヨコエビ採りたいんですけど、どうすればいいですか?

支所の人:えっと…上の者に代わりますね。

わたし(ヨコエビマニアの怪電話の取り次ぎマジ卍)

支所の偉い人:お電話代わりました。

わたし:(かくかくしかじか)ヨコエビ採ってもいいですか?

支所の偉い人: FAXとか電話で、何匹採るか教えてくれればいいです。あと、その辺りは境界が入り組んでいるので、本所に確認してください。






2.船のチャーターを試みました


わたし:死んだ魚に群がるような虫を採りたいんですが、協力いただけますか?

船長:たくさんいますね。どれですか?

わたし:砂浜でピョンピョンしてるようなのと同じ形のやつです。

船長: ああ、ダンゴムシを押しつぶして平たくしたようなのね。

わたし:船出してくれますか?

船長:タダならええですよ。

わたし:え?

船長:遊漁船なので、目的以外で船を出してお金をもらうと法律に引っかかることがあるんです。でも私はそういうの好きなんで☆ 朝はいっぱいですが午後とか夕方なら☆

わたし(マジすか)

船長:ちなみにどうやって採ろうと?

わたし:ビンとかを沈めて、中に肉を入れてやろうかと。

船長: 網だと抜けそうですからね。でも魚の死骸に集まってるのをよく見るので、魚肉を入れたらいいんじゃないですか。漁港に魚はいっぱいあるんで、こっちで用意します☆

わたし(マジすか)

船長:釣り具屋に来ているんですが、ちょうど良さそうなカゴ網があったので、こっちに来るまでに、いろいろ試してみます☆

わたし(マジ神)(昇天)

 



3.文献調査

 今回のターゲットとなる2種のヨコエビのうち1種目、”ナイカイツノフトソコエビ”は Nagata (1960) が Orchomenella sp. として報告し、後に Nagata (1965) において Orchomenella littoralis として記載されました。しかし、Hirayama (1986) は、属位変更に伴い Orchornene litoralis (Schellenberg, 1926) という別の種のジュニアホモニムとなったとして、Orchomene naikaiensis という学名に置換しました(※補遺1)。この扱いは Barnard & Karaman (1991) でも概ねフォローされていましたが、同研究でこの群は supergenus として扱われており、揉める素地は十分でした。
 そしてWoRMSでは現在、Hirayama (1986) の処遇を無効(O. littoralisO. litoralisは1字違いであり、そもそもホモニムではなかった)とし、Nagata (1965) が記載した Orchomenella littoralis を復活させています。しかも、シニアホモニムとされていたOrchornene litoralis (Schellenberg, 1926) は更に Orchomenella franklini Walker, 1903 のジュニアシノニムとして消されるという事態に陥っていて、世に言う”ゴミ箱分類群”にありがちな混乱の様相を呈しています。今回はとりあえずWoRMSに従い、 Orchomenella sp. sensu Nagata 1960 Orchomenella littoralis Nagata, 1965 として扱うものとします。

 さて、Nagata (1960) の図はあまり「現代的」でなく、掲載されているのは解剖済の付属肢のみで、特徴的な部品だけを選び複数種まとめて1枚の原稿に押し込んでいて、19世紀から20世紀初頭にかけて欧州の文献にありがちな構成となっています。図のタッチは極めて簡素で、細かな特徴を読み取ることは難しいです。しかも、Nagata (1965) とHirayama (1986) はともに形態図を省いていて、手持ちの文献をもとに本種の正体を知るには、文字情報と現物を突き合わせるほかに活路はないでしょう。
 Nagata (1960) は「体長12mm以下」と述べているが、Nagata (1965) は調査標本に Nagata (1960) の標本群を含むはずにも関わらず体長6.5mm以下とした上で、体長4.9mmのオスをホロタイプとしています。いずれにせよ、永田ほか (1967) で述べられている「1cmにも満たない体長」という特徴には概ね合致しており、本種を網で掬ったりベイトに付着させて採取した場合、5~10mm程度の個体を期待してよいでしょう。

 Nagata (1960) はタイトルの通りアマモ場の調査です。水深は満潮時で3m以内とのことで、汀線からアプローチできる範囲と考えてよいでしょう。永田ほか (1967) では水深56mまで生息となっていて、遺体が見つかったのは水深13~15mとのことなので、深場で集めるのもアリということがわかります。


 これを元に採集方法を検討しようと思います。





4.進捗どうですか

船長:籠罠を仕掛けたいけど海が荒れてどうしようもないね。

船長:砂を掘ったら見つかった。地元の人間も砂地によくいるとみんな言ってる。

船長:ヤツは、噛みますよ。





5.後日、本所に確認

わたし:ヨコエビ採りたいんですが

本所の人:どのように採りますか?

わたし:砂浜を掘ったり籠を沈めたりしようかと…

本所の人:支所に確認して下さい。

わたし:支所から本所に連絡するように言われたんですぅ (´;ω;`)

本所の人:では確認します。

わたし(タライマワシなのか´・ω・`?)

本所の人:(しばし後)確認とれました。あとは所長と打ち合わせてもらえばいいです。

わたし:ありがとうございます(´▽`○)





6.いざ志賀島へ


 こうして私は決戦の地、志賀島へと降り立ちました(もはや伏せることをやめた)。

 金印出土の地(※未だに論争あり)として著名ですが、第二次元寇の折には戦場になったり、たびたび日本史の表舞台に登場する土地です。北九州は古くから政治や経済の中枢だったわけで、今も成長著しい街、福岡市の東の一角として、農業や観光分野で大きな存在感を放っています。


 さて、今回の「S.A.M. project」の目的は、フトヒゲソコエビ類が生きた人間の組織に群がってかじるかどうかを確認することです。事前にいろいろ話をうかがった限りでは、オーストリアの事例のように怪我を負ったりという危険なことはないということですが、噛むことは確実らしいので、適度にハムハムして頂き、そのポテンシャルを見極めたいと思います。
 もちろん、これによりオーストリアの事件の犯人が確定するわけではないですが、スナホリムシの仲間などで確認されている事象がヨコエビにもあるという知見が示されれば、私としては満足です。


 ここは昨年の事件に近づけてスポーティーなイケメンティーンの御御足を生け贄に捧げたいところですが、諸般の都合により、うだつの上がらないアラサーサラリーマンの臭い足で我慢してもらいます。ここのヨコエビは漁師のおじさんを食べた実績があるので、たぶん細かいことは気にせずガツガツ来てくれるはず(?)



 今回、採集プランの多くは現地の状況を知る地元の方に頼る形となってしまいました。

 採集ポイントの設定と仕掛け、現場の動きの何もかも引き受けて下さったのが、遊漁船ガルフの園田さんです。


漁師さんから分けてもらったフグ用の豆鯵を籠罠に入れ、海に沈めます


 そして待機!



 我が家のような安心感がすごい地元のお店「SHOPヒロ」で、港の方にお話しを伺うと…

  • 永田ほか (1967) の事例と似たようなことはわりと起こっているらしい(実際に、半世紀ほど前、1週間も網を曳いて探したことがあるという方もいた)
  • ほぼ皆さんが土左衛門につく小虫のことを知っていて、浮いた遺体によく付くとか、眼が先に食われるなど細かい話も出た
  • 底に沈んだ遺体ではアカニシなどの巻き貝が付いていることが多いらしい
  • 潮干狩りのシーズンにはよく砂浜で小虫にかじられるとのことで、スナホリムシの可能性もありつつ、どうやらそうではない、フトヒゲソコエビと考えて間違いなさそうな証言も
  • 永田ほか1967で紹介されていた「ガンギリ」という呼称を知る人は誰もおらず、丸いことから「タカラムシ」と呼ぶのだという



 そして驚くべきことに・・・永田ほか (1967) を読んでいただくと・・・


お店の人:この苗字はこのへんにはおらん。

わたし:玄界島ということは?

お店の人:玄界にもおらん。勝間のほうや。電話してみる。


 なんだかんだで、永田ほか (1967) で「ヨコエビとウミホタルに食べられた漁夫」の兄弟のお孫さんにあたる方とお会いすることができました。



(マジすか・・・)



お孫さん:おじいちゃんがぶつかったのはねぇ・・・

船長:そこは俺がいつも釣りするとこなんだけど・・・。



(マジすか・・・!!)


1965年の事故地点はこのへんらしい。


 底モノを狙うのに良い場所らしく、投錨して釣っていたところで大きな船(中型鋼鉄製貨物船)にぶつけられたらしい。これも文献の記述と一致。

 私にとっては思ってもみなかった大きな収穫でしたが、さすがに半世紀も前の話ということで、地元の方にとってはよくある昔話の one of them という感は否めません(;´∀`)







 さてさて、適当なタイミングで籠を引き揚げてみますが・・・


 フグな~

 福岡じゃけん・・・



 砂を掘ってもアタリはなし。

 若干の焦りが…



 場所を変えてみます。


アオサ的な藻類が溜まりやすい場所




船長:これ、似てる

わたし:アッ…狙ってるのとは違いますけど…ナミノリソコエビの新種ですね…

船長:?!

わたし:名前のついてないやつですね。北海道から九州まで同じ種だと思われていたんですが、去年の論文で…

船長:どゆこと…(;´д`) つまり、「君じゃないけど」…?

わたし:持って帰ります(*^^*)


Haustorioides sp. (undescribed) ナミノリソコエビ属の未記載種




 Takada et al. (2017) では福間,今宿そして唐津から得られたサンプルが「東シナ海個体群」として報告されていますが、エリアから見てそれに該当することは確実です。つまりは遺伝的な別種でありながら未記載の個体群です。

 H. japonicus ナミノリソコエビや´イシカワナミノリソコエビ´の生体写真によく似ていて、触角の毛の感じなど、東京湾の個体群とは全く異なります。無印ナミノリソコエビに対して、日本海岸で4つ報告されている隠蔽種(未記載個体群)それぞれの形態的な違いは未解明ですが、このグループにおいてアクティブな形態分類マンは世界に私だけのような気がするので、いずれ私が着手しなければならないと思います。



 そして、またモクズヨコエビ。

Hyalidae モクズヨコエビ科

 Bousfield & Hendrycks (2002) で言うところの指節が短いグループ


 アゴナガヨコエビ。盤州でも砂を掘ると採れますね。

Pontogeneiidae アゴナガヨコエビ科





 あ い つ が 採 れ な い … !



 その後、干潮に合わせて再度チャレンジしましたが、目的のフトヒゲソコエビについて、芳しい成果はありませんでした。

 残念ですが、仕方ありません。

 いろいろと気になるファクターはあるので、博多湾へ沈む夕陽にリベンジを誓い、この夏の宝探しを締めくくりました。







7.いのちのたび、終章


 そして朝。

 
 どうやら不慣れな「ぎょさんフィールドワーク(夜の博多駅前踏査含む)」により、足に小さなマメをこさえ、しかも潰したらしく、歩行に支障をきたす状態になってしまいました。

 
 水族館を回ろうと思っていましたが、予定を縮小し、足裏に絆創膏を重ね貼りしつつ北九州市に向かいます(帰らんのかい)。


 この夏、北九州でどうしても見ておきたい展示がありました。


 それは・・・



「へんてこモンスター展」(いのちのたび博物館)



 
 Shimomura & Tomikawa, 2016にて記載された Epimeria abyssalis にどうやら「ヤミノヨロイヨコエビ」という厨二感満載の和名がつけられ(記載当初は和名未提唱)、世界初公開されるとのこと、ぜひ拝みに行こうと、初めていのちのたび博物館にやってきました。


 
 
 
甲殻類推し感

 

ガタガール無印第7話感



来ましたよ


これが闇ノ鎧横蝦


 種小名のabyssalisは生息地である深海を示すabyssusという語から来ているとの旨が記載論文のethymologyに記されていますが、abyssal zoneといえば「無光帯」と訳され、まさに闇という和名がピッタリに思えます。


  解説文に、Epimeria属は世界から55種が知られ、うち47種が南極海周辺に生息とありますが、ちと違うのでないでしょうか。


 調べてみましょう。



Reference: Andres (1985), J.L.Barnard (1961, 1971), K.H.Barnard (1916, 1930), Beermann et al. (2018), Birstein & Vinogradov (1958), Coleman (1990, 1994), Coleman & Lowry (2014), De Broyer & Klages (1991), d’Udekem d’Acoz et al. (2017), Griffiths (1977), Gurjanova (1972), Hurley (1957), Ishimaru (1994), Ledoyer (1986), Lörz (2008, 2009, 2011, 2012), Lörz & Coleman (2001, 2009, 2014), Lörz et al. (2007), McCain (1971), Nagata (1963), Shimomura & Tomikawa (2016), Varela & García-Gómez (2015),  Verheye et al. (2018), Wakabara & Serejo (1999), Walker (1906), Watling (1981), Winfield et al. (2012); WoRMS (access date: 31-VIII-2018).


 昨年5月にヨロイヨコエビ属を検証した時から、 30種程度増えていますので、新たに集計し直したところ、南極産55種,太平洋産15種,大西洋産14種,インド洋産2種の、計86種ということになりました。だいぶ違う・・・?
 昨年の d’Udekem d’Acoz et al. (2017) を除外した可能性も考えましたが、それだと南極産種が半分まで減ってしまいます。というか、あまりにも南極産以外の種数が少なく見積もられていますね。これは何かありそうですが、とりあえず確認だけ依頼しておきました。

 今回はWoRMSで種数を確認しましたが、Epimeria属内でも一部記載者名の表記にアヤシイところがあるなど、WoRMSも完璧ではありませんので、まあ、それだけを信じればいいわけでもないということで・・・
 



みなさんご存知、オオオキソコエビ

 なぜヤミノヨロイヨコエビのラベルはヨロイヨコエビ科なのに、オオオキソコエビはヨコエビ亜目なんでしょうか・・・ Eurytheneidaeに科の和名が無いからというだけのような気もしますが、同じAmphilochidea亜目(和名無し)のはずです・・・ 種名のついでに科の和名も提唱してしまえば良かったか・・・? 




 続いて、常設展も観ます。

 驚いたのはシーラカンスとアンモナイトの異常な充実具合。

 シーラカンスの系統樹ががっつり置いてある常設展も初めて観たし、その中で常設展にある属だけ色変えましたって、半分以上展示してある気がするんですが・・・。あと、さりげなくホロタイプが置いてあったりして、何が何やらとにかく濃い。

 そして、この博物館の設置のきっかけになったのが、小さな魚の化石だったというのも驚き。その分類学的な重要性は展示を観て何となくわかりましたが、ここまでがっちりした館を作るのはすごい・・・。



洞窟の生き物といえばヨコエビですよね

ヨコエビは樹脂中で完全に透明なボディとなっており、ほぼ気泡のみ目視で確認できる状態





 もしかして、ここに展示されている Pseudocrangonyx shikokunis シコクメクラヨコエビ は、Tomikawa & Nakano (2018) で記載された P. akatsukai アカツカメクラヨコエビ なのでは・・・?


 やはり見ごたえある「いのちのたび博物館」。半日で回ろうというのはマメを潰さなくても無謀だったでしょう。1日コースは賢明な選択でした。


 九州、実に7年半ぶり2度目の上陸でしたが、とても濃い休日を過ごすことができました。
 「行き過ぎた趣味」をもつアヤシイ男としてお会いしたのが申し訳ないくらい、暖かい皆さんと出会うことができました。

 欲しいサンプルが得られなかったとはいえ、全くの空振りではないと考えています。まだまだ「S.A.M. project」も例の未記載種もやらなければいけないことがあるので、いずれ志賀島へリベンジをかけることになると思います。

 乞うご期待!
 






(参考文献)
Andres, H.G. 1985. Die Gammaridea (Crustacea: Amphipoda) der Deutschen Antarktis-Expeditionen 1975/76 und 1977/78. 4. Acanthonotozomatidae, Paramphithoidae und Stegocephalidae. Mitteilungen aus dem Hamburgischen Zoologischen Museum und Institut, 82: 119–153. [in Germany]
Barnard, J.L. 1961. Gammaridean Amphipoda from depths of 400 to 6000 meters. Galathea Report, 5: 23–128.
Barnard, J.L. 1971. Gammaridean Amphipoda from a deep-sea transect off Oregon. Smithsonian Contributions to Zoology, 61: 1–86.
Barnard, K.H. 1916. Contributions to the crustacean fauna of South Africa. 5. The Amphipoda. Annals of the South African Museum, 15: 105–302. [pls 26–28]
Barnard, K.H. 1930. Crustacea. Part XI. — Amphipoda. British Antarctic ("Terra Nova") Expedition, 1910, Natural History Reports, Zoology, 8: 307–454.

— Barnard,J.L., G.S. Karaman 1991. The families and genera of marine gammaridean Amphipoda (except marine gammaroids). Records of Australian Museum supplment 13, part 1,2, 866p.
Beermann, J., M.V. Westbury, M. Hofreiter, L. Hilgers, F. Deister, H. Neumann, M.J. Raupach 2018. Cryptic species in a well-known habitat: applying taxonomics to the amphipod genus Epimeria (Crustacea, Peracarida). Scientific Reports, 8 Article number: 6893. doi:10.1038/s41598-018-25225-x
Бирштейн Я.А., Виноградов М.Е. 1958. Пелагические гаммариды (Amphipoda, Gammaridea) себеро-западной части тихого океана. Акаемия Наук СССР, Труды Институт Океанологии, 27: 119–257. [in Russian]
Bousfield, E.L., E.A. Hendrycks 2002. The talitroidean amphipod Family Hyalidae revised, with emphasis on the North Pacific Fauna: Systematics and distributional ecology. Amphipacifica, 3(3): 7–134.
Coleman, C.O. 1990. Two new Antarctic species of the genus Epimeria (Crustacea: Amphipoda: Paramphithoidae), with description of juveniles. Journal of the Royal Society of New Zealand, 20: 151–178.
Coleman, C.O. 1994. A new Epimeria species (Crustacea: Amphipoda: Epimeriidae) and redescription of three other species in the genus from the Antarctic Ocean. Journal of Natural History, 28: 555–576.
Coleman, C.O. & J.K. Lowry 2014. Epimeria rafaeli sp. nov. (Crustacea, Amphipoda, Epimeriidae) from Western Australia. Zootaxa, 3873 (3): 218–232.
De Broyer, C., M. Klages 1991. A new Epimeria (Crustacea, Amphipoda, Paramphithoidae) from the Weddell Sea. Antarctic Science, 3 (2), 159–166.
d’Udekem d’Acoz,C., M.L. Verheye 2017. Epimeria of the Southern Ocean with notes on their relatives (Crustacea, Amphipoda, Eusiroidea). European Journal of Taxonomy, 359: 1–553.
Griffiths, C.L. 1977. Deep-sea amphipods from west of Cape Point, South Africa. Annals of the South African Museum, 13 (4): 93–104. [6 figs]
Гурьянова, Е.Ф. 1972.  Новые виды бокоплавов (Амфипода, Гаммаридэ) из северозападной части тихого окена и высокой лрктики. Акаемия Наук СССР, Труды Зоологического Института, 52: 129–200. фиг. 43.  [in Russian]
Hirayama, A. 1986. Taxonomic studies on the shallow water gammaridean Amphipoda of West Kyushu, Japan — Ⅵ. Lysianassidae (Orchomene), Megaluropus family group, Melitides (Cottesloe, Jerbarnia, Maera, Ceradocus, Eriopisella, Dulichiella). Publications of The Seto Marine Biological Laboratory, 31(1/2): 1–35.
Hurley, D.E. 1957. Some Amphipoda, Isopoda and Tanaidacea from Cook Strait. Zoology Publications from Victoria University College, 21: 1–20.
Ishimaru, S. 1994. A catalogue  of  gammaridean and  ingolfiellidean Amphipoda recorded  from the vicinity of Japan. Report of the Sado Marine Biological Station, Niigata University, 24: 29–86.
— 小関恒雄・山内峻呉 1964. 水中死体の水生動物による死後損傷. 日本法医学雑誌, 18 (1): 12–20.
Ledoyer, M. 1986. Crustacés Amphipodes Gammariens. Familles des Haustoriidae Vitjazianidae. Faune de Madagascar, 59: 599–1112.
Lörz, A.-N. 2008. Epimeriidae (Crustacea, Amphipoda) from New Zealand with a description of a new species. Zootaxa, 1847: 49–61.
Lörz, A.-N. 2009. Synopsis of Amphipoda from two recent Ross Sea voyages with description of a new species of Epimeria (Epimeriidae, Amphipoda, Crustacea). Zootaxa, 2167: 59–68.
Lörz, A.-N. 2011. Pacific Epimeriidae (Amphipoda: Crustacea): Epimeria. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 91: 471–477.
Lörz, A.-N. 2012. First records of Epimeriidae and Iphimediidae (Crustacea, Amphipoda) from Macquarie Ridge, with description of a new species and its juveniles. Zootaxa, 3200: 49–60.
Lörz A.-N., C.O. Coleman, 2001. Epimeria reoproi n. sp., a new amphipod (Epimeriidae) from the Antarctic. Crustaceana, 74: 991–1002.
Lörz A.-N., C.O. Coleman, 2009. in: Lörz, A.-N., E.W. Maas,  K. Linse, C.O. Coleman 2009. Do circum-Antarctic species exist in peracarid Amphipoda? A case study in the genus Epimeria Costa, 1851 (Crustacea, Peracarida, Epimeriidae). Zookeys, 18: 91–128.
Lörz A.-N., C.O. Coleman 2014. Amazing new Amphipoda (Crustacea, Epimeriidae) from New Zealand’s deep-sea. Zootaxa, 3838 (4): 423–434.
Lörz, A.-N., E.W. Maas, K .Linse & G.D. Fenwick, 2007. Epimeria schiaparelli sp. nov., an amphipod crustacean (family Epimeriidae) from the Ross Sea, Antarctica, with molecular characterisation of the species complex. Zootaxa, 1402: 23–37.
— McCain, J.C. 1971. A new deep-sea species of Epimeria (Amphipoda, Paramphithoidae) from Oregon. Crustaceana, 20 (2): 159–166.
Nagata, K. 1960. Prelimitary notes on benthic gammaridean Amphipoda from the Zostera region of Mihara Bay, Seto Inland Sea, Japan. Publication of the Seto Marine Biological Laboratory, 8(1): 163–182. pl. ⅩⅢ–ⅩⅦ.
Nagata, K. 1963. Two new gammaridean amphipods (Crustacea) collected by the second cruise of the Japanese Expedition of Deep Sea (JEDS-2). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 11(1): 1–5. 
Nagata, K. 1965. Studies on marine gammaridean Amphipoda of the Seto Inland Sea. I. Publication of the Seto Marine Biological Laboratory, 8(2): 131–170.
永田武明・福元孝三郎・小嶋亨 1967. フトヒゲソコエビ及びウミホタルによる水中死体損壊例. 日本法医学雑誌, 21(5): 524–530.
小原ヨシツグ 2017.『ガタガール②』. 講談社, 東京. 229p.
—  Schellenberg, A. 1926. Die gammariden der Deutschen Südpolar-Expedition 1901-1903. Deutsche Südpolar-Expedition, 18. Zoologie, 10: 235-414.
Shimomura, M., K. Tomikawa 2016. Epimeria abyssalis sp. n. from the Kuril-KamchatkaTrench (Crustacea, Amphipoda, Epimeriidae). ZooKeys, 638: 125–142.
Takada, Y., K. Sakuma, T. Fujii, S. Kojima 2018. Phylogeography of the sandy beach amphipod Haustorioides japonicus along the Sea of Japan: Paleogeographical signatures of cryptic regional divergences. Estuarine, Coastal and Shelf Science, 200: 19–30.
Tomikawa, K., T. Nakano 2018.  Two new subterranean species of Pseudocrangonyx Akatsuka & Komai, 1922 (Amphipoda: Crangonyctoidea: Pseudocrangonyctidae), with an insight into groundwater faunal relationships in western Japan. Journal of Crustacean Biology, ruy031.
Varela, C., J. García-Gómez, 2015. Especie nueva de Epimeria (Amphipoda: Epimeriidae) del Golfo de México y el Mar Caribe.  SOLENODON, 12: 1–8.
Verheye, M.L., A.-N. Lörz, C. d’Udekem d‘Acoz 2018. Epimeria cleo sp. nov., a new crested amphipod from the Ross Sea, Antarctica, with notes on its phylogenetic affinities (Crustacea, Amphipoda, Eusiroidea, Epimeriidae). Zootaxa, 4369(2). 
Wakabara, Y., C.S. Serejo 1999. Amathillopsidae and Epimeriidae (Crustacea, Amphipoda) from bathyal depths off the Brazilian coast. Zoosystema, 21: 625–645.
Walker, A.O. 1906. Preliminary descriptions of new species of Amphipoda from the "Discovery" Antarctic Expedition, 1902–1904. Annals and Magazine of Natural History, 18: 13–18. [Series 7]
Watling, L. 1981. Amphipoda from the northwestern Atlantic: The genera Jerbarnia, Epimeria, and Harpinia. Sarsia, 66: 203–211.
Winfield, I., M. Ortiz, M.E. Hendrickx, 2012. A new deepwater species of Epimeria (Amphipoda: Gammaridea: Epimeriidae) from the continental slope of western Mexico. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 93, 991–997.


(参考web)
WoRMS(2018年8月閲覧)



2018年8月5日日曜日

FUTOの黒い悪魔(8月度活動報告)



 夏もいよいよ本番となってまいりました。そして徐々に潮が引きにくくなってまいります。

 潮干狩りシーズンが終わるあたりから海辺でキャッキャウフフが繰り広げられるようになり、土日にビーチでも横切ろうものならば、あちこちにスミビケナシザルやヒナタケナシザル、スナヤマケナシザルやらタマオイケナシザルなどが縄張りを構えており、ムシトリケナシザルにとっては不都合極まりないわけです。つまり、夏の平日の砂浜は基本的にNOです。そして、海水浴場でなくとも観光地化されていればこうした競合が起こりうるため、ニーズを外す技術が求められます。三浦半島では前月大きな誤算がありましたが、更に技術を磨いて、生息基質が撹乱されず採集が容易なサイトを探索しなければなりません。とりあえず関東を脱出する勢いでやったほうがよさそうです。


 そしてこんな時期に関東を越えて東海に差し掛かると、潮目に追われる身分としては日帰り採集のハードルがぐんと上がるのですが、伊豆半島ならまだ活動範囲と思い定めて、当方の実績のない東岸のヨコエビリティを追究すべく、干満に左右されにくい潮間帯上部から潮上帯にかけ、ハマトビムシ上科を追うことにしました。



静岡県某所


 
 打ち上げ物はほとんどなし。波当たりが強すぎて碌な海藻も生えていません。

 一目見て若干の失望を禁じ得ませんてしたが、どんな時もヨコエビを諦めないなのがヨコエビストというものです。


 浜の端、陸から水が流れ込んできているあたりを攻めてみます。陸からの植物遺骸が供給されて、多少は堆積物が充実しているはず。



 

 いやまずフナムシが多すぎる。



 大岩の間に入っている石ころ、特に付着物が多いものを物色してみます。



Hyalidae モクズヨコエビ科

 やけに触角の長いモクズが来ました。

 このあと周辺を調べましたが、フサゲモクズ的なものばかりで、同じものは出ません。



 注意深く観察すると、波を被っている岩の表面に、小さなアイソポッドやらモクズヨコエビやらが蠢いています。踏むと滑るような、薄く生えた藻を食べているのでしょうか。それにしても、人間も少し怯むような波が次々やってきても、連中は平気なようです。

 採集法を検討しましたが、開発できませんでした。今後の課題とします。


 とりあえず、モクズヨコエビ科だけ3種くらいいそうです。





 そしてこんな礫浜の漂着物下といえば


Pyatakovestia iwasai ミナミホソハマトビムシ


 分布としては pyatakovi もワンチャンあるかと思いましたが、どうやら太平洋岸では iwasai のほうが得やすいようです。


 ヒメハマトビムシ(広義)もいましたが、多産せず未成熟のものを数個体見かけただけで終わりました。

 やはり浜の上の漂着物の薄さが、フナムシ優占の潮上帯勢力図を描いているようです。今後のロケハンの参考にしたいと思います。



2018年7月31日火曜日

ROAD TO DESCRIPTION V(7月度活動報告その2)


 ヨコエビの記載を目指す企画です。

 これまでの流れは以下のような感じです。


I(立志篇)
II(救済篇)
III(解剖篇)
IV(研鑽篇)



<前回までのあらすじ>
 運命に翻弄され本郷での顕微鏡調達を諦めたヨコエビおじさんは、未知の街へと降り立つ。果たして彼はこの地で希望を掴むことができるのだろうか…





2018年7月18日水曜日

思い出のヨコスカ(7月度活動報告)


 どこに居ても暑いのですが、大潮なので海には行かねばと、やおらグーグルマップを立ち上げてロケハンを試みます。


 その結果、かつてハマトビオフを実施した横須賀某所へと足を向けてみることにしました。





 写真は撮っておらず誠に申し訳ありませんが、どうやらこの界隈は地元の人に知られた海水浴スポットらしく、水着のチャンネーを含めたサマーな感じの人々でごった返しており、BBQやらビーチのオリエンテーションやらスクーバやらを楽しむファミリーや若者のグループで賑わっていました。冬はビーチコーマーだけだったのに(当然)。




 浅場の足元にはウニマンション。これは図鑑とかで解説されているように自分で穴を掘ったのでしょうね。






 硬い層とやらかい層が交互に堆積した地層が、斜めになっています。
 ちょうど日陰になっていて、炎天下でも体力を消耗せず採集できそうです。




 石灰藻類が多く、わずかに紅藻と褐藻がチョボチョボと生えています。

 漁業権が設定されている海産物の採取は固く禁じられていますが、石灰藻類は他ならぬ磯焼け現象の権化ですので、容赦なく捥ぎることにします。



Elasmopus イソヨコエビ属

  第1触角が欠損しています。輸送時に破損したようです。無念。




Hyalidae モクズヨコエビ科

 最近話題の交尾前ガード行動です。たとえ体色が褪色したとて、70%エタノールの中でも変わることのない二人の絆。この夏いちばんキュンとくる愛のカタチではないでしょうか。




Isaeidae イシクヨコエビ科



Maeridae スンナリヨコエビ科
先月記載論文が発表された Orientomaera トウヨウスンナリヨコエビ属 っぽいです。



Pleustidae テングヨコエビ科



何らかのタカラガイ




 ふと、岩の下に何やら赤くてピロピロしたものが見えます。




 もしかして・・・







 ヤギ!?



 ヤギといえば表面に付着しているテングヨコエビですよね。


 ガシャガシャと洗ってみます。


Pleustidae テングヨコエビ科



 思ったよりめっちゃ付いてた・・・


 Gamô & Shinpo 1992 は真鶴での記載ですが、これもイソバナヨコエビということでいいのでしょうか。


 しかし、似たようなのは周辺の海藻からもまあまあ採れますので、そんなに基質の好みがシビアでないか、ものすごく面倒な近似種なのかもしれません。ヒゲが外れやすいので気を付けたいところです。






 潮も満ちてきたので、潮間帯から離脱してハマトビ採取に移ります。



 採集に専念しすぎて碌に写真を撮っておりませんが、ハマトビオフの時には跳ねず飛ばずの静かなサイトが、今回はビシビシと跳ねまくる騒々しい爆釣ポイントとなっていました。
 ものすごく狭い砂浜で、わずかな打ち上げ海藻と枯草のような陸由来のゴミが半ば踏みしだかれながら横たわっている環境ですが、彼らにとっては住み良い場所のようです。

 パッと見、やはり「joiっぽいpacifica」個体群の性質を具えているようです。

 このへんについてはまた、続報あればお伝えします。


 



(参考文献) 
- Ariyama, H. 2018.  Species of the Maera-clade collected from Japan. Part 1: genera Maeropsis Chevreux, 1919 and Orientomaera gen. nov. (Crustacea: Amphipoda: Maeridae). Zootaxa, 4433(2).
- Gamô, S., Y. Shinpo 1992. A new gammaridean amphipod, Pleusymtes symbiotica, ectosymbiotic with a Japanese Gorgonacean Octocoral, Melithaea flabellifera (Kükenthal) from Sagami Bay. Science reports of the Yokohama National University. Section II, Biological and geological sciences, 39: 1-11.

2018年7月1日日曜日

梅雨明けモラトリアム(6月度活動報告その3)


 関東甲信が29日に梅雨明けという衝撃的なニュースとともに、広島の高校でヨコエビの生体展示を行うとの情報がもたらされ、もしかしたら運命しゃないの?というわけで、弾丸ツアーを決行しました。




 来ちゃった。



 こちら、広島県立広島国泰寺高等学校です。


 広島は雨です。
 やっぱり6月の空模様はこうでないと。



 1874年創立の歴史ある高校で、各界の第一人者を輩出したり、部活動ではいろいろな賞を受賞したり、メディアに露出したりと大活躍ながら、個人的にあまり縁はありませんでした。
 しかしさすがは富川先生のお膝元、広島は高校生がヨコエビを研究する土壌があるようです。これは行かねば




 DNAやファージをビーズで作る楽しい工芸系ワークショップと、きしわだ自然友の会の手法に則ったチリモンのソーティングもありつつ、さりげなく研究活動のポスターが貼ってありその内容はなかなかハード。

チリモン。


 カイコウオオソコエビがもつgigasセルラーゼを探りつつ進化の道筋を追うが直近の研究のようですが、沿岸のヨコエビにgigasセルラーゼを求める発想も素敵だし、その発想を具現化できるのも素晴らしい。

ポスターの内容は未公開だとアレなのでマスキングしときました。



 そして消化管を染めたというフロマミは…



 1匹はちょっと浮いてました。

 これはダメかもしらんね。



 ポスターセッションのコアタイムはなかったらしく、ヨコエビ担当の3年生は半分引退のようなものらしく、そらそうですよね、3月末まで部活していた私はただの変態だっただけで…
 研究に対して突っ込んだ話はできませんでしたが、ヨコエビチームではない部員の方も他県でヨコエビを見つけた時の話をしてくれたりして、有意義でした。



 この研究はぜひ深めてほしいが果たして…?



どこかで見たことがあるアカントガンマルス