2019年2月11日月曜日

ハマトビムシ科の新体制について(2019年2月度活動報告)


 かつて、本邦産ハマトビムシ科を中心に記事を書きましたが,その見識が覆る大事件が起きました.

 Lowry and Myers (2019) の出版です.

 J. K. Lowry と A. A. Myers のコンビといえば,2013年の Senticaudata 亜目の設立に続き,2017年にヨコエビ亜目を葬り去るなど,ヨコエビの歴史に大きな影響を与える仕事をリリースし続けてきました.

 今回彼らが参戦したのは,ハマトビムシ上科です.





ハマトビムシ科新体制  

~Lowry and Myers (2019) を読む~ 




 Lowry and Myers (2019) — 以下,L&M (2019) — は,既存のハマトビムシ上科を総括するとともに,ハマトビムシ科を構成する属を整理・細分化しています.建てられた新属は 37 に上ります.あっ,ちなみに key はありません.


 ただ,単なる「切り裂き魔」というわけではないように思います.例えば,論文の中でTalorchestia属 を「 hodgepodge(ごちゃまぜ)属」 と表現しています.過去の研究者がなんでもかんでも Orchestia属 とか Talorchestia属 とかにぶち込んできた感は否めず,言い得て妙かと思います.他の属でも,例えば,Houlia bousfieldi (Hou & Li, 2003) などは洞窟性で無眼という際立った特徴があるにも関わらずヒメハマトビムシと同じ Platorchestia 属として記載されたりしてます.こういった過去の状況には,何とも違和感を禁じ得ません.

 また,L&M (2019) はハマトビムシ科の担名属である Talitrus属 が記載されてから今日に至るまでの歴史で,近年特に属の設立が激しいことも指摘しています.分類学が発達するに従って属レベルでの分類に関心が寄せられている科であることは確かでしょう.下のグラフをご覧ください.加速度的に増加しているのもさることながら,種が増え続けると耐えきれなくなって属が増える感は,ある気がします.言うなれば時代が求めたモノグラフというわけです.


ハマトビムシ科の増加,グラフにしてみたら結構ヤバい.
 (現在有効とされている115属と,グレーなものも含む339種の記載年をもとに集計.)




 しかし,これらの分類は,依然として形態的な知見に基づいています.上位分類の動きが活発なグループだからこそ,より深い議論を行うには,別のファクタの導入が必要かとも思います.このあたりは積み残した感が否めません.



 さて,L&M (2019) を経た世界のハマトビムシ科は以下の通りです.種数を[ ]内に示しました.提唱されていない属の和名は,勝手に推測して( )内に示しました.

  • Africorchestia Lowry & Coleman, 2011 [6種]
  • Agilestia Friend, 1982 [2種]
  • Albidiator Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Americorchestia Bousfield, 1991 [5種]
  • Amphiatlantica Lowry & Myers, 2019 [2種]
  • Arcitalitrus Hurley, 1975 [9種]
  • Asiaorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Atlantorchestoidea Serejo, 2004 [1種]
  • Australorchestia Serejo & Lowry, 2008 [2種]
  • Austrotroides Friend, 1982 [1種]
  • Bellorchestia Serejo & Lowry, 2008 [9種]
  • ヤエヤマオカトビムシ属 Bousfieldia  Chou & Lee, 1982 [2種]
  • Brevitalitrus  Bousfield, 1971 [9種]
  • Britorchestia Lowry & Bopiah, 2012 [2種]
  • (オオハマトビムシ属)Bulychevia Lowry & Myers, 2019 [3種]
  • Calviator Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Canariorchestia Lowry & Myers, 2019 [5種]
  • Capeorchestia Lowry & Baldanzi, 2016 [1種]
  • Caribitroides Bousfield, 1984 [5種]
  • Cariborchestia Smith, 1998 [1種]
  • Cerrorchestia Lindeman, 1990 [1種]
  • Chelorchestia Bousfield, 1984 [5種]
  • Chevreuxiana Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Chiltonorchestia Bousfield, 1984 [2種]
  • Chroestia Marsden & Fenwick, 1984 [1種]
  • Cochinorchestia Lowry & Peart, 2010 [7種]
  • Cryptorchestia Lowry & Fanini, 2013 [5種]
  • Curiotalitrus Lowry & Coleman, 2012 [1種]
  • Dallwitzia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Dana Lowry, 2011 [2種]
  • Defeo Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Dendrorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Derzhavinia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Deshayesorchestia Ruffo in Tafani et al., 2004 [1種]
  • ホッカイハマトビムシ属 Ditmorchestia  Morino & Miyamoto, 2015 [1種]
  • Dracorchestia Lowry & Myers, 2019 [2種]
  • Eorchestia Bousfield, 1984 [1種]
  • キタオカトビムシ属 Ezotinorchestia Morino & Miyamoto, 2016 [1種]
  • Fleuria Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Floresorchestia Bousfield, 1984 [29種]
  • Galaporchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Hawaiorchestia  Bousfield, 1984 [2種]
  • Hermaniator Lowry & Myers, 2019 [2種]
  • Hermesorchestia Hughes & Lowry, 2017 [1種]
  • Houlia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Hurleyella Lowry & Myers, 2019 [4種]
  • Ignamborchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Indiorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Insularorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Kaalorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Kanikania Duncan, 1994 [2種]
  • Kellyduncania Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Keratroides  Hurely, 1975 [5種]
  • コクボオカトビムシ属 Kokuborchestia Morino & Miyamoto, 2015 [1種]
  • Laniporchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Lanorchestia Miyamoto & Morino, 2010 [1種]
  • Laurenia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Lesliorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • ヨシハラハマトビムシ属 Lowryella Morino & Miyamoto, 2016 [1種]
  • Lutruwitiator Lowry & Myers, 2019 [3種]
  • Macarorchestia Stock, 1989 [5種]
  • Makawe Duncan, 1994 [2種]
  • Megalorchestia Brandt, 1851 [7種]
  • Mexitroides Lindeman, 1990 [2種]
  • Mexorchestia Wildish & LeCroy, 2014 [3種]
  • Microrchestia Bousfield, 1984 [6種]
  • (イワヤトビムシ属)Minamitalitrus  White, Lowry & Morino, 2013 [1種]
  • ミズホトビムシ属 Mizuhorchestia Morino, 2014 [1種]
  • (オカトビムシ属)Morinoia Lowry & Myers, 2019 [3種]
  • Myanmarorchestia Hou in Hou & Zhao, 2017 [3種]
  • Mysticotalitrus Hurley, 1975 [1種]
  • Neorchestia Friend, 1987 [1種]
  • ニッポントビムシ属 Nipponorchestia Morino, 2015 [2種]
  • Notorchestia Serejo & Lowry, 2008 [5種]
  • Oamaru Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Omaiorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Opunorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Orchestia Leach, 1814 [7種+7不明種]
  • Orchestiella Friend, 1987 [2種]
  • Orchestoidea Nicolet, 1849 [1種]
  • Paciforchestia  Bousfield, 1982 [1種]
  • Palmorchestia Stock & Martin, 1988 [2種]
  • Parorchestia Stebbing, 1899 [1種+3不明種]
  • Persianorchestia Momtazi et al., 2017 [1種]
  • Pickorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • (ヒメハマトビムシ属)Platorchestia Bousfield, 1982 [14種]
  • Protaustrotroides Bousfield, 1984 [1種]
  • Protorchestia Bousfield, 1982 [4種]
  • Pseudorchestoidea Bousfield, 1982 [4種]
  • Puhuruhuru Duncan, 1984 [1種]
  • ホソハマトビムシ属 Pyatakovestia Morino & Miyamoto, 2015 [4種]
  • Sardorchestia Ruffo in Tafani et al., 2004 [1種]
  • Sinbadorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • スナハマトビムシ属 Sinorchestia Miyamoto & Morino, 1999 [3種]
  • Snaresorchestia Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Solitroides  Suzuki et al., 2017 [1種]
  • Spelaeorchestia Bousfield & Howarth, 1876 [1種]
  • Speziorchestia Lowry & Myers, 2019 [4種]
  • Swaziator Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Talitriator  Methuen, 1913 [2種+1不明種]
  • (ツメオカトビムシ属)Talitroides Bonnier, 1898 [2種]
  • Talitrus Bosc, 1802 [3種]
  • Talorchestia Dana, 1853 [29種]
  • Tasmanella Lowry & Myers, 2019 [1種]
  • Tasmanorchestia Friend, 1987 [1種]
  • Tethorchestia Bousfield, 1984 [現生2種+1化石種]
  • Tongorchestia Lowry & Bopiah, 2013 [3種]
  • Transorchestia Bousfield, 1982 [6種)
  • Traskorchestia Bousfield, 1982 [1種]
  • (ヒゲナガハマトビムシ属)Trinorchestia Bousfield, 1982 [2種]
  • Tropicorchestia Tropicorchestia, 2015 [2種]
  • Uhlorchestia Bousfield, 1984 [2種]
  • Vallorchestia Lowry, 2012 [1種]
  • Waematau Duncan, 1994 [3種]
  • Wairua Lowry & Myers, 2019 [1種]


 L&M (2019) はただ形態分類によって属を増やしただけかというと,そうは思いません.生態情報を活用し,形態との整合性を踏まえて属を設けています.また,それと同時に,属を収納する生態的なまとまりを作り,どんどん大所帯になっていくハマトビムシ科を多少扱いやすくしています.
 Lowry & Coleman (2012) などでは,科と属の間に設けるグループは,生態に基づくものではありませんでした.咬脚の性的二形に基づく Orchestia group / Talitrus group という2グループです.このグループ分けは,オスの標本が知られていない Houlia 属や Solitroides 属などでは使えないという欠陥があります.しかし,L&M (2019) においてはこのポイントを,属をまとめるのではなく,属を分けるバックグラウンドとして重視しているのがわかります.このあたりのバランス感覚は優れていると思います.

 L&M (2019) の生態特性区分は Wildish (2017) と異なる部分がありつつ,だいたい共通しています.ただ,Wildish (2017) にある項目,「汀線際の漂着物」と「潮上帯へ完全に打ちあがった漂着物」との区別,「潜砂性」と「漂着物付着性」との区別というのは,私の経験的にも同意できます.なので,Wildish (2017) の定義と比べて,L&M (2019) の Beach-hoppers や Sand-hopper という区分は雑多すぎると思います.また,本邦産の2種が Morinoia 属となりましたが,生態区分では「Marsh; Riparian; Field」となっており,「Forest」が含まれていません.森野 (2015) の記述を踏まえても,個人的な感覚からも,Morinoia 属の生態要素に「Forest」は含まれて然るべきと思います.


関係あると思われるグループを対応させてみた.
 含まれている属や種からすると,
  このようなオーバーラップがあるものと考えられる.



 なお,本邦産ハマトビムシ科リストは以下の通りに改訂されます.L&M (2019) により属位が変更されたものは★をつけました.

  1. Bulychevia ochotensis (Brandt, 1851) オオハマトビムシ / 礫浜;北海道東部 (森野・向井 2016)
  2.  Bousfieldia omoto Morino, 2014 ヤエヤマオカトビムシ / 森林;石垣島,西表島(森野 2015)
  3.  Ditmorchestia ditmari (Derzhavin, 1923) ホッカイハマトビムシ / 海岸性 (Lowry and Myers 2019),海岸林;北海道東部 (森野・向井 2016)
  4.  Ezotinorchestia solifuga (Iwasa, 1939) キタオカトビムシ / 草地性 (Lowry and Myers 2019),海岸林;北海道東部,福井(森野 2015)
  5.  Kokuborchestia kokuboi (Uéno, 1929) コクボオカトビムシ / 草地性 (Lowry and Myers 2019),海岸林~森林;北海道南西部,東北北部 (森野 2015)
  6.  Lowryella wadai Morino & Miyamoto, 2016 ヨシハラハマトビムシ / 湿地性 (Lowry and Myers 2019),ヨシ原;宮崎県,愛媛県 (Morino and Miyamoto 2016b)
  7.  Mizuhorchestia urospina Morino, 2014 トゲオカトビムシ / 海岸林~森林;本州,四国,九州(森野 2015)
  8. Morinoia humicola (Martens, 1868) オカトビムシ / 森林;本州 (森野 2015),台湾 (Miyamoto and Morino 2004)
  9. Morinoia japonica (Tattersall, 1922) ニホンオカトビムシ / 湖岸,森林;北海道~沖縄 (森野 2015),台湾 (Miyamoto and Morino 2004)
  10.  Nipponorchestia curvatus Morino and Miyamoto, 2015 ヒメオカトビムシ / 海岸~海岸林;近畿,伊豆,四国,九州,対馬 (Morino and Miyamoto 2015a)
  11.  Nipponorchestia nudiramus Morino and Miyamoto, 2015 トゲナシオカトビムシ / 海岸林~森林;近畿,東海 (Morino and Miyamoto 2015a)
  12.  Platorchestia joi Stock and Biernbaum, 1994 ヒメハマトビムシ /  内湾的砂浜;日本各地 (森野・向井 2016),ロシア極東部,韓国 (Jo  1988),台湾 (Miyamoto and Morino 2004)
  13.  Platorchestia pachypus (Derzharvin, 1937) ニホンヒメハマトビムシ / 外湾的砂浜,砂利浜 (笹子 2011),潮間帯~潮上帯;北海道~九州 (森野・向井 2016),韓国 (Jo 1988)
  14.  Platorchestia pacifica Miyamoto and Morino, 2004 (和名未提唱)/ 内湾的砂浜,砂利浜,岩礁上部 (笹子 2011),礫浜 (小川 未発表);台湾 (Miyamoto and Morino 2004),日本各地,韓国 (笹子 2011)
  15.  Platorchestia sp. sensu 森野 (1999) ミナミオカトビムシ (※未記載種.将来的にMorinoia属に含められるものと推測する.) / 海岸林;本州日本海岸,四国,九州,トカラ(森野 2015)
  16.  Pyatakovestia boninensis Morino and Miyamoto, 2015 オガサワラホソハマトビムシ / 海岸~森林;母島 (森野 2015)
  17.  Pyatakovestia iwasai Morino and Miyamoto, 2015 ミナミホソハマトビムシ / 海岸林 (森野 2015),礫浜;台湾,沖縄,本州関東以南太平洋岸,福井以南日本海岸 (Morino and Miyamoto 2015b)
  18.  Pyatakovestia pyatakovi (Derzhavin, 1937) ホソハマトビムシ / 海岸林 (森野 2015),礫浜;ロシア,韓国,北海道,本州日本海岸,伊豆半島以北太平洋岸(Morino and Miyamoto 2015b)
  19.  Sinorchestia nipponensis (Morino, 1972) ニホンスナハマトビムシ / 砂浜性 潮上帯上部 漂着物;茨城以南~四国,九州 (森野・向井 2016)
  20.  Sinorchestia sinensis (Chilton, 1925) タイリクスナハマトビムシ / 砂浜性 潮上帯上部 漂着物;台湾,沖縄,西表,四国,紀伊半島 (森野・向井 2016)
  21.  Talitroides topitotum (Burt, 1934) ツメオカトビムシ / 草地性 (Lowry and Myers 2019),林床;沖縄 国頭郡 (森野 2015)
  22.  Trinorchestia longiramus (Jo, 1988)(和名未提唱)/ 韓国 ,日本 (笹子 2011)
  23.  Trinorchestia trinitatis (Derzhavin, 1937) ヒゲナガハマトビムシ / 砂浜性;韓国,北海道~九州 (森野・向井 2016)
  24.  Minamitalitrus zoltani White et al., 2013 ダイトウイワヤトビムシ / 洞窟性;南大東島 星野洞 (森野 2015)

 語呂的にアリかと思いますが,オカトビムシは Morinorchestia にはならなかったようです・・・



 M&L (2019) は各属の記述に終始せず,研究小史の部分や,小目~上科レベルでの diagnosis の再定義なども,たいへん読み応えがあります.また,今回の属位変更の中で位置づけができなかった種についても,最後の所属不明群で丁寧に解説しています.ハマトビ界隈関係者必読の文献であると思います.

 これほど手間のかかったモノグラフではありますが,Orchestia 属や Parorchestia 属についてはまだ幾つか謎が残されているようです.そして,Floresorchestia 属やPlatorchestia 属,Talorchestia 属については,総括が済んでいません.これから新種もどんどん増えるでしょうから,今後の展開に期待です.




 最後に.全体を通して幾つか気になる点がありました.私の指摘や推測が必ずしも正しいわけではないかと思いますが,該当部分を研究される方はご留意ください.


 p.5:「Afriorchestia Lowry and Coleman, 2010」という表記がありますが,原記載を見る限り,正しくは「Africorchestia Lowry and Coleman, 2011」です.これに類するゆれは Milne and Griffiths (2013) などでも確認されています.L&M (2019) のリファレンスにおいて Lowry and Coleman (2011) の citation(属名を含むタイトルと出版年)は完全なので,凡ミスと思われますが,どうなんでしょうか・・・?

 p.7:「Mexitroides gen. nov.」つまり新属ということになっていますが,この属は Lindeman (1990) p.2332 によって亜属として記載され,L&M (2019) p.60 が属に格上げしたので,「Mexitroides Lindeman, 1990 stat. nov.」とすべきではないでしょうか(p.60の属の解説では「Mexitroides Lindeman, 1990 stat. nov.」と表記されています).

 p.29:「Dendrorchestia parva」の原記載を「Orchestia parva Hurley, 1957」としています.しかし,Hurley (1957) p.188 はこの種の原記載を「Parorchestia parva Chilton, 1909」としており,Chilton (1909) p.640 には確かに記載が存在します.また,その後に属位を Makawe 属に変更した Duncan (1994) p.31 のシノニムリストでもこれらの経緯は踏襲されており,WoRMS(2019年2月10日閲覧)においてもその処遇が支持されています.L&M (2019) p.60 は本種の属を Makawe 属から Dendrorchestia 属へ変更したと明記しているにも関わらず,原記載については Duncan (1994) と食い違っています.記載されてから Duncan (1994) の処遇に至るまで運命を共にした Dracorchestia insularis と Dracorchestia maynei については Chilton (1909) を原記載として示しており,その違いについて何ら断りがないので気になります.

 p.45: Indiorchestia属のタイプ種を「Talorchestia kempii (Tattersall, 1914)」としていますが,この部分は原記載なので「Talorchestia kempii Tattersall, 1914」と括弧なしで表記すべきではないでしょうか.

 p.50:「Kanikania motuensis (Duncan, 1994) comb. nov.」と表記していますが,L&M (2019) では属位を変更していないので「Kanikania motuensis Duncan, 1994」とすべきではないでしょうか.

 p.91:疑問名 nomen dubium とされている Neotenorchestia kenwildishi Wildish, 2014 は,Wildish (2018) によって Orchestia mediterranea A. Costa, 1853 のジュニアシノニムとされた経緯があります.L&M (2019) に Wildish (2018) は引用されておらず,O. mediterranea について言及はありませんが,この短報は昨年11月(ちょうど私が満月の下で干潟の決死隊をやっていた頃)に出版されたため,間に合わなかったものと推測します.

 WoRMS(2019年2月10日閲覧)には Talitriator macronyx (K.H. Barnard, 1940) という種が掲載されています.この種は Talitroides eastwoodae forma macronyx K.H. Barnard, 1940 として記載されたもので,同時に記載された他の品種 formae(ヨコエビでこの階級が使われているのは他であまり見たことがありませんが・・・)についても,WoRMSには Talitriator calva (K.H. Barnard, 1940),Talitriator cylindripes (K.H. Barnard, 1940),Talitriator setosa (K.H. Barnard, 1940) として掲載されています.L&M (2019) では Talitriator setosaTalitriator 属に残され,他はそれぞれ Calviator calvus Hermaniator cylindripes として新たな属が与えられました.しかしながら,Talitriator macronyx の妥当性については否定も肯定もせず,何ら言及がありません.この種を消す根拠は見つけられませんでしたが,Talitriator macronyxTalitriator setosa のシノニムとして消す見解(Milne & Griffiths 2013)を支持している可能性があります.





<参考文献>

Barnard, K. H. 1940. Contributions to the crustacean fauna of South Africa. 12. Further additions to the Tanaidacea, Isopoda and Amphipoda, together with keys for the identification of hitherto recorded marine and fresh-water species. Annals of the South African Museum, 32: 381-543.
— Bousfield, E. L. 1982. The amphipod superfamily Talitroidea in the northeastern  Pacific region. 1. Family Talitridae; systematics and distributional ecology. National Museum of Canada, Publications in Biological Oceanography, 11: i–vii, 1–72.
— Chilton, C. 1909. The Crustacea of the Subantarctic Islands of New Zealand. In: Subantarctic Islands of New Zealand. Vol. 2. John MacKay, Gov. Print, Wellington, pp. 601–671.
— Hurley, D. E. 1957. Terrestrial and littoral amphipods of the genus Orchestia, Family Talitridae. Transactions of the Royal Society of New Zealand, 85(1): 149–199.
Iwasa, M. 1939. Japanese Talitridae. Journal of the faculty of Science Hokkaido Imperial University, Ser. 6. Zoology, 6(4): plates IX-XXII, 255–296.
— Duncan, K. W. 1994. Talitridae (Crustacea: Amphipoda). Fauna of New Zealand, 31: 128 pages.
— Jo, Y. W. 1988. Talitridae (Crustacea — Amphipoda) of the Korean coasts.   Beaufortia, 38(7): 153–179.
— Lindeman, D. 1990. New terrestrial amphipods (Crustacea: Amphipoda; Talitridae) from Mexico and Central America. Canadian Journal of Zoology, 68: 2323–2337.
Lowry, J. K. and Coleman, C. O. 2011. Africorchestia a new genus of sand-hoppers (Crustacea, Amphipoda, Talitridae) from western Africa and south-western Europe. Zootaxa, 2825 : 55–68.
— Lowry, J. K. and Coleman, C. O. 2012. A new terrestrial talitrid genus from the Philippine Islands (Crustacea, Amphipoda, Talitrida, Talitridae) and the designation of two informal subgroups. Zootaxa, 3400: 64–68.
Lowry, J. K. and Myers, A. A. 2013. A phylogeny and classification of the Senticaudata subord. nov. (Crustacea: Amphipoda). Zootaxa, 3610(1): 1–80.
Lowry, J. K. and Myers, A. A. 2017. A Phylogeny and Classification of the Amphipoda with the establishment of the new order Ingolfiellida (Crustacea: Peracarida). Zootaxa, 4265(1): 1–89.
Lowry, J. K. and Myers, A. A. 2019. New genera of Talitridae in the revised Superfamily Talitroidea Bulycheva 1957 (Crustacea, Amphipoda, Senticaudata). Zootaxa, 4553(1).
Milne, R. and Griffiths, C. L. 2013. Additions to and revisions of the amphipod (Crustacea: Amphipoda) fauna of South Africa, with a list of currently known species from the region. African Natural History (Online), vol.9
Miyamoto, H., Morino, H. 2004. Taxonomic studies on the Talitridae (Crustacea,  Amphipoda) from Taiwan, II. The genus Platorchestia. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 40: 67–96.
Morino, H. 1975. Studies on the Talitridae (Amphipoda, Crustacea) in Japan II. taxonomy of sea-shore Orchestia with notes on the habitats of Japanese sea-shore talitrids. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 22(1–4): 171–193.
— 森野浩 1999. ヨコエビ目. In: 青木淳一(ed.) 『日本産土壌動物 -分類のための図解検索』. pp.626–644. 東海大学出版会, 東京. [ISBN:978-4-486-01443-0]
Morino, H. 2014a. A new Land-hopper genus, Mizuhorchestia, from Japan (Crustacea, Amphipoda, Talitridae). Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Ser. A, Zoology, 40(3): 117–127.
Morino, H. 2014b. A new and-hopper species of Bousfieldia Chou and Lee, 1996, from Okinawa, Japan (Crustacea, Amphipoda, Talitridae). Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Ser. A, Zoology, 40(4): 201–205.
—  森野浩 2015. ヨコエビ目. In: 青木淳一 (ed.) 『日本産土壌動物 第二版—分類のための図解検索』[1]. pp.1069–1089. 東海大学出版会, 東京. [ISBN978-4-486-01945-9]
Morino, H. and Miyamoto, H. 2015a. A new Land-hopper genus, Nipponorchestia, with Two new species from Japan (Crustacea, Amphipoda, Talitridae). Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Ser. A, Zoology, 41(1): 1–13.
Morino, H. and Miyamoto, H. 2015b. Redefinition of Paciforchestia Bousfield, 1982 and description of Pyatakovestia gen. nov. (Crustacea, Amphipoda,Talitridae). Bulletin of the National Museum of Natural Sciences, Ser. A, Zoology, 41: 105–121.
Morino, H. and Miyamoto, H. 2015c. Description of a New Land-hopper genus, Kokuborchestia gen. nov. and Redescription of K. kokuboi (Uéno, 1929) comb. nov. (Crustacea, Amphipoda, Talitridae). Bulletin of the National Museum of Natural Sciences, Ser. A, Zoology, 41(3): 155–162.
Morino, H. and Miyamoto, H. 2015d. Description of a new talitrid genus Ditmorchestia with redescription of D. ditmari (Derzhavin, 1923) comb. nov. (Crustacea, Amphipoda, Talitridae). Bulletin of the National Museum of Natural Sciences, Ser. A, Zoology, 41(4): 217–224.
Morino, H. and Miyamoto, H. 2016a. Description of a new talitrid genus, Ezotinorchestia with a redescription of E. solifuga (Iwasa, 1939) comb. nov. (Crustacea: Amphipoda: Talitridae). Species Diversity, 21: 65–70.
Morino, H. and Miyamoto, H. 2016b. A new talitrid genus and species, Lowryella wadai, from estuarine reed marshes of Western Japan (Crustacea: Amphipoda: Talitridae). Species Diversity, 21(2): 143–149.
— 森野浩・向井宏 2016. 砂浜フィールド図鑑 (1) 日本のハマトビムシ類. 海の生き物を守る会, 京都市.
— 笹子由希夫 2011. 日本産ハマトビムシ科端脚類の分布と分子系統解析. 修士論文. 三重大学.
— Stock, J. H. and Biernbaum, C. K. 1994. Terrestrial Amphipoda (Talitridae) from Ascension and Saint Helena (South Central Atlantic). Journal of Natural History, 28: 795–811.
Tattersall, W. M. 1914. Zoological results of the Abor Expedition, 1911–12. Crustacea Amphipoda. Records of the Indian Museum, 8(5): 449-453, pl: 28.
— White, K. N., Lowry, J. K. and Morino, H. 2013. A new cave-dwelling talitrid genus and species from Japan (Crustacea: Amphipoda: Talitridae). Zootaxa, 3682(2): 240–248.
Wildish, D. J. 2017. Evolutionary ecology of driftwood talitrids: a review. Zoosystematics and Evolution, 93(2):353–361.
Wildish, D. J. 2018. Neotenorchestia Wildish, 2014 is a junior synonym of Orchestia Leach, 1814. Zoosystematics and Evolution, 94(2): 545–546.





2019年1月27日日曜日

モクズヨコエビ類について(1月度活動報告)



 モクズヨコエビ類というグループがあります.


 沿岸域において大型藻類に付着する海産ヨコエビの中では恐らく最大の生物量を誇るものの一つと思われ,浅海から河口あるいは少し陸側まで進出していて,しかも海藻表面だけでなく礫底などにも生息します.


 名前が似ている モズミヨコエビ Ampithoe valida というのもいますが,これはヒゲナガヨコエビ科の一種で,分類上はそれなりに遠いグループでございます.

 モクズヨコエビ類というのは対応する分類単位が存在せず,ややこしい部分が色々あります.そこで,自己主張と備忘録がてら整理を試みます(着手してから話をまとめるまでだいぶかかってしまいました).







I.代表種・フサゲモクズについて


 モクズヨコエビの仲間で,日本において最もよく見られるものは,おそらくフサゲモクズでしょう.
フサゲモクズ Ptilohyale barbicornis
 オスがメスを抱えているところ.



 フサゲモクズは海水~汽水における表在底生のヨコエビで,水がひたひたの状態,または濡れている程度の場所を好み,石の下や礫の間に潜んでいるのをよく見かけます.海藻にも付きます.

 色調は緑がかったものが多いイメージがありますが,小さな個体は半透明だったり,オレンジ色に近いものもいて,色だけではもちろん同定できません(フサゲモクズに限らずヨコエビの体色は恐らく環境によって変わることが多そうなのと,ハマトビムシ上科はアルコールに浸けて標本にすると体色が一様な黄白色に変わってしまうこともあり,同定資料となる文献において体色が記述されることはほとんどありません).緑がかったフサゲモクズは独特のツヤがあって美しくかなりお気に入りで,このブログの壁紙に使っています.

 石をめくったりすると,あるものは飛び跳ねたり,あるものは素早く裏側へ回り込んだりします.逃げていく個体を見ていると,オスがメスを抱える「交尾前ガード」をとっているペアが見つかります.この行動はいろいろなヨコエビにおいて記録されていますが,モクズヨコエビ類やハマトビムシ科など,ハマトビムシ上科では非常にポピュラーです.

 オスは第2咬脚が大きく発達します.ハマトビムシ上科において同様の特徴をもつものが多く,雄間闘争に使っているのではという気がします(今のところ観察したことはありませんが).

 大顎髭は退化しており,懸濁物食ではなく咀嚼をしているものと推測されます.Hiwatari and Kajihara (1988) ではアオサを与えて飼育しています(樋渡先生によると簡単ながら大量繁殖させるレシピがあるとか).普段は漂着物または石についている藻類やそれと一緒くたになったモノを食べているのかなと思っています.

 フサゲモクズは日本各地の海岸から報告があり,かつてはAllorchestes plumulosusという学名が対応されていました.
 このAllorchestes plumulosusという種は19世紀に北米で記載されたもので,サンフランシスコ湾に程近い河口域において礫底に多くみられるらしいです.その後,日本の研究者が詳細な検討を行った結果,北米のものと日本のものは別種にあたると判断され,新たな学名Hyale barbicornisが与えられました.

 そして,Bousfield and Hendrycks (2002) を経て,現在の学名はPtilohyale barbicornisとなっております(この変更を認めていない文献もあります).この「Ptilo」というのはギリシャ語で,羽毛を意味します.オスの第2触角に生えている毛にちなむもので,和名の「フサゲ」と同じ発想のようです.他のモクズヨコエビ類と比較しても,フサゲモクズの毛は特徴的です.
 この毛の用途について私自身は知見をもっていませんが,どうやら樋渡先生が興味深い観察を行われたようです.活字になることを待ち望んでおります.






II.モクズヨコエビ科について

 ハマトビムシ上科では,ハマトビムシ科に次いで大きなグループです.
 姿かたちはハマトビムシ科によく似ており,一部の種は濡れたところを歩いて登ってきたリして水陸両用っぽ感じなので非常に紛らわしいのですが,以下の点によって識別できます.


モクズヨコエビ:第1触角の全長は第2触角の柄部長を越える.
ハマトビムシ:第1触角の全長は第2触角の柄部長に届かない.


 ヨコエビ分類界隈屈指のバイブルであるBarnard and Karaman (1991) では,次のメンバーによって構成されるという知見が示されていました.

  1. ヘッピリモクズ属 Allorchestes Dana, 1849 : 太平洋に分布
  2. Micropythia (Bate, 1862) : 地中海~大西洋に分布(本邦未知)
  3. Hyachelia J.L. Barnard, 1967 : ウミガメに付着,恐らく世界の熱帯域に広域分布
  4. モクズヨコエビ属 Hyale Rathke, 1837 
  5. Lelehua J.L. Barnard, 1970 : 太平洋南東部に分布(本邦未知)
  6. Neobule Haswell, 1879 : 南太平洋および大西洋東岸に分布(本邦未知)
  7. フタアシモクズ属 Parallorchestes Shoemaker, 1941 : 北太平洋に分布
  8. ミナミモクズ属 Parhyale Stebbing, 1897 : インド洋~太平洋に分布






Bousfield and Hendrycks (2002) 着弾



 しかし2002年,モクズヨコエビ類の分類体系が大きく整理されました.
 80種以上を含む代表的なグループであったモクズヨコエビ属Hyaleから,次の5属が分離新設されました.

Apohyale属 : 太平洋に分布
Protohyale属 : 4亜属からなる
Ptilohyale属 : 大西洋~太平洋に広く分布
Ruffohyale属 : インド洋沿岸に分布,地下性で盲目(本邦未知)
Serejohyale属 : 大西洋岸に分布(本邦未知)

 元のモクズヨコエビ属に残されたのは4分の1程度という大移動です.残された「狭義のモクズヨコエビ属」は,北大西洋および北太平洋に分布するグループということになりました.

 この論文,かなり細かい仕事をやった感もありますが,正直検討している形質がビミョーすぎて,属や亜属として分割する意義があるのか,ないのか,よく分かりません.誤字も多いし(愚痴).この時に設立した亜属を認めないという見解を示す研究者も多いようです.キーを進めて属レベルの同定を試みても,常に不安を感じます.そんなBousfield and Hendrycks (2002)ですが,BHLで無料公開されているので,ぜひ読んでみてください.




Serejo (2004) 着弾


 2004年、ハマトビムシ上科の見直しが行われた時、モクズヨコエビ科には次のような影響がありました.

 ハマトビムシ上科に含まれる種の形態を類型にあてはめて解析した結果,モクズヨコエビ科に含まれる2亜科(モクズヨコエビ亜科,Hyachelinae亜科)の関係の深さが浮き彫りになったのですが,それと同様の関係性が,ヒアレラ属 Hyalella,ヒョットコヨコエビ属Najina,従来のナミノリソコエビ科 Dogielinotidae sensu Barnard and Karaman, 1991,ヘッピリモクズ属 Allorchestes の間でもみられるということになりました.そこで,これらをナミノリソコエビ科にまとめた上で,亜科に分けて格納しました.

 この際,ヘッピリモクズ属がモクズヨコエビ科からナミノリソコエビ科 Dogielinotidae に移動されたのです.
 Bousfield & Tzetkova (1982) もヘッピリモクズ属がナミノリソコエビ科の祖先的なグループであるという見解を示していましたので,その流れを汲んだものと言えます.

 Serejo (2004) は43箇所の形質を比較しましたが,このうち9つの形質においてヘッピリモクズ属とモクズヨコエビ科との間に相違があると述べています.一方,新しいナミノリソコエビ科の中ではブレは2~4箇所程度に収まる,ということがポイントのようです.底節板の深さの比較や,オスの第2咬脚において腕節の張り出し部が消失するなど,発達の過程も追っています.このあたりの裏の取り方は非常に優れていると思います.

 Barnard and Karaman (1991) に代表される伝統的な形態分類では,歩脚の端部が張り出したり,身体各所に長剛毛をもつことを「潜砂に適応した形質」として重視していた傾向があります.Serejo (2004) では,こうした分類は系統関係を支持しない,という結論になったようです.環境に適応して二次的に獲得されたもの,という立場をとっているようで,ヨコエビにおいてはよくある話で,納得できる部分もあります.一部の種を比べてみて,確かに,毛を無視すると,基節の長さなど何となく類縁性が気になる形状も見受けられるような・・・



モクズヨコエビ科とナミノリソコエビ科の第5胸脚.
 ヘッピリモクズAllorchestesとナミノリソコエビHaustorioidesは,
 基節が長いという点でモクズヨコエビ科とは異なる.
ヘッピリモクズAllorchestesはモクズヨコエビ科によく似た細長い胸脚と短い剛毛束をもつが,
ナミノリソコエビHaustorioidesは長節や腕節が扁平に広がり,剛毛も長い.


  Serejo (2004) は,新しい体制によって淡水性グループや陸棲グループについては他とキレイに分離されることを強調している一方,潜砂性と海藻表在性という生態特性が混在していることは特に気にしていないようです.

 
 Serejo (2004) が主張する「ヘッピリモクズ属を内包するナミノリソコエビ科」が系統分類学的に正しいと仮定した場合,それは真のモクズヨコエビ科からヘッピリモクズ属を経て潜砂性ナミノリソコエビ科に分岐したというより,全く起源が異なるグループとして発展してきた可能性もあるのではと思います.
 潜砂性についてはハマトビムシ上科では現状として1科5属のみが記述されており,同様の生態をもつツノヒゲソコエビ科・マルソコエビ科・ヒサシソコエビ科などと比較すると,かなり特殊な性質です.また,こういったグループと比較して,剛毛束の発達や覆卵葉の発達などよく似た形質も見られるものの,節そのものの形状はまだ形態の特殊化度合いが穏やかであることから,わりと最近獲得されたものと考えるのが自然でしょう.このへんの潜砂性ならではの形質や生態特性については,覆卵葉の特性などを材料として,上平 (1990) が考察しています.
 もっと言えば、真のモクズヨコエビ科とは起源が異なるグループには中間的な特性をもった祖先がいて,一方が潜砂性を追究し,一方が海藻付着に適応した可能性も考えられます.

 形態的特徴をスクリーニングしたSerejo (2004) の研究は,これまでモクズヨコエビ科として互いによく似ていて近縁であると考えられていたグループの見方をいったん白紙に戻して,そういった「見せかけのそっくりさん」をあぶりだそうという試みとも理解できます.


Hiwatari et al. (2011) 着弾

 
 そしてSerejo (2004) から7年,形態分類の限界への一つの答えとも言うべき論文が発表されました.
  とうとうモクズヨコエビ界隈の上位分類群の整理にも,分子系統学的手法が採り入れられたのです.

 このHiwatari et al. (2011) は,Serejo (2004) に至るまでのモクズヨコエビ類の中のグループの変遷を細かく追っていて,研究史を理解する上で重要な文献です.そればかりでなく,導き出された分子系統解析の結果は驚くべきもので,次のような知見が示されることとなったのです.

①モクズヨコエビ科のProtohyale属が多系統群であることが示され、Protohyale misakiensis ミサキモクズ がナミノリソコエビ科と姉妹群となったものの、もう一方Protohyale (Boreohyale) triangulataはより遠い位置にブランチを形成しました.
 この整合性についてHiwatari et al. (2011) は,研究に用いたHaustorioides japonicusナミノリソコエビ(※1)を含む狭義のナミノリソコエビ類は種数が少なく分布も限られていることを根拠に,比較的最近分化したグループである可能性を指摘し,補強しています.Serejo (2004) がナミノリソコエビ類との類縁性を指摘したヘッピリモクズ属やHyalella属が広範な分布を持っていたり種多様性が高いことを考えると,Hiwatari et al. (2011) の主張は分があるように思えます.


フタアシモクズ属Pallorchestesは,ハマトビムシ科を除くハマトビムシ上科のグループ(モクズヨコエビ科,ナミノリソコエビ科)の祖先型である可能性が示されました.フタアシモクズ属も北太平洋寄りの比較的狭い分布を示しますが,北太平洋沿岸はハマトビムシ上科の多くの属がみられている海域でもあります.ある分類群が分化を始めたエリアがあるとして,そのエリアの多様性が他の場所より高くなるというケースが知られており,これもそういうことかもしれません.

ヘッピリモクズ属ハマトビムシ科の祖先的な位置づけとなりうることが示唆されました.裏付けとして,ヘッピリモクズ属とハマトビムシ科に幾つか共通する形質があることも示しています.この手法は,Serejo (2004) が形態学的解析にあたり使用した形質を全て等しく扱ったこととは対照的に,系統関係を推定する上でどの形質に重きを置くべきかという選別の問題を提起するものとも言えそうです.ただ,ハマトビムシ科に入れてしまうというのは少々やりすぎな感じも・・・

 Hiwatari et al. (2011) は,ヒョットコヨコエビ属など一部のグループが解析に含まれておらず,Serejo (2004) の検証としては完全ではありません.これは今後の研究に期待というところでしょう.


 しかしながら,Hiwatari et al. (2011) は系統樹の作成に近隣結合法,最尤法,最大節約法の3つの解析手法を用いており,そのいずれにおいても上記①②③の傾向が共通してみられました.類縁性についてはかなり確度の高いものとして取り扱うべきと考えられます.そんなわけで,伝統的なモクズヨコエビ科の単系統性は今世紀に入り,形態でも分子でも否定されたことになります.


 一部のグループ,たとえばParhyale属とApohyaleミナミモクズ属などの類縁性は強く支持されていますので,旧来のモクズヨコエビ科の中に単系統のグループを認めることができます.Hiwatari et al. (2011) は分子系統解析の結果を踏まえた科の定義はしていませんが,今後このまとまりを真のモクズヨコエビ科として再編成するという動きはあって然るべきです.

 Serejo (2004) が強調した淡水性グループとそれ以外のグループとの分離について,Hiwatari et al. (2011) は特にこだわっていないようです.Hiwatari et al. (2011) は海産性種の分化に言及していますが,淡水・汽水・海水性というグループの連続性を踏まえた上で,祖先系としての重みをどちらに置くかという観点から議論を行っており,話の流れとして非常に納得できます.


 そして,Protohyaleの亜属なしグループとBoreohyale亜属とが別の枝に入ったということで,偶然なのか必然なのか,ここにきてBousfield and Hendrycks (2002) による亜属の設定が活きてくる予感がします.分子と形態の両刀をもってここに切り込むべきでしょう.誰かお願いします.







III.モクズヨコエビ類とは何か


 さんざん「モクズヨコエビ類」という言葉を使ってきましたが,実はそのような分類単位はありません.その中身とか意図を以下に述べます.

 「ハマトビムシ上科」という単位を用いて議論すればよいのですが,このレベルでまとめてしまうと,陸棲のハマトビムシ科が含まれてしまいます.これは分けたいです.また潜砂性や海藻内在性,そして平べったすぎるミノガサ系とは別にしたいので,狭義のモクズヨコエビ科と同じような性質を共有したジェネラリストを表現するような単位は,今のところちょうどよい呼称がないのです.


こんな感じの,ジェネラリストの枠組みがほしいという話です.


 というわけで,現場で識別が困難と思われるものを,残り物的な感じでどんどんぶちこんでいこうと思います.分類単位としてこんなことをすると「ゴミ箱」との謗りは避けられませんが,便宜的なものなので気兼ねなくやります.


 本来であればこのへんは是非,世界を渡り歩いてモクズヨコエビを集めている方がどう思われているのかを聞きたいところですが,そういった方が見つかるまでは戯言にお付き合いください.



私の考えるモクズヨコエビ類(海産)リスト


Family Dogielinotidae Gurjanova, 1953 ナミノリソコエビ科
  1. Allorchestes Dana, 1849 ヘッピリモクズ属
  2. Exhyalella Stebbing, 1917  : インド洋に分布(本邦未知)
  3. Marinohyalella Lazo-Wasem & Gable, 2001  : 地中海に分布(本邦未知)
  4. Parhyalella Kunkel, 1910  : 太平洋~大西洋に分布(本邦未知)

Family Hyalidae Bulyčeva, 1957 モクズヨコエビ科
  1. Apohyale Bousfield & Hendrycks, 2002
  2. Hyachelia J.L. Barnard, 1967
  3. Hyale Rathke, 1837 モクズヨコエビ属
  4. Lelehua J.L. Barnard, 1970 (本邦未知)
  5. Neobule Haswell, 1879 (本邦未知)Parallorchestes Shoemaker, 1941 フタアシモクズ属
  6. Parhyale Stebbing, 1897 ミナミモクズ属
  7. Protohyale Bousfield & Hendrycks, 2002
  8. Ptilohyale Bousfield & Hendrycks, 2002
  9. Serejohyale Bousfield & Hendrycks, 2002 (本邦未知)

Family Najnidae J.L. Barnard, 1972 ヒョットコヨコエビ科
  1. Insula Kunkel, 1910 (本邦未知)



 ついでに,海産ではないけどモクズヨコエビ類っぽいグループを,生息環境ごとに並べてみます.

淡水性モクズヨコエビ類リスト


Family Chiltoniidae J.L. Barnard, 1972
  1. Afrochitonia K.H.Barnard, 1955 : 南アフリカ(本邦未知)
  2. Arabunnachiltonia King, 2009 : オーストラリア(本邦未知)
  3. Austrochiltonia Harley, 1958 : オーストラリア(本邦未知)
  4. Chiltonia Stebbing, 1906 : ニュージーランド(本邦未知)
  5. Kartachiltonia King & Leys, 2014 : オーストラリア(本邦未知) 
  6. Phreatochiltonia Zeidler, 1991 : オーストラリア(本邦未知) 
  7. Wangiannachiltonia King, 2009 : オーストラリア(本邦未知) 

Family Hyalellidae Bulyčeva, 1957 ヒアレラ科
  1. ヒアレラ属 Hyalella S. I. Smith, 1874 : アメリカ大陸の陸水に生息(本邦未知)


暗居性モクズヨコエビ類リスト


Family Chiltoniidae J.L. Barnard, 1972
  1. Scutachiltonia King, 2012 : オーストラリアの地下水系に生息,盲目(本邦未知)
  2. Stygochiltonia King, 2012 : オーストラリアの地下水系に生息,盲目(本邦未知)
  3. Yulgarniella King, 2012 : オーストラリアの地下水系に生息,盲目(本邦未知) 

Family Hyalidae Bulyčeva, 1957 モクズヨコエビ科
  1. Ruffohyale Bousfield & Hendrycks, 2002 (本邦未知)



 Insula属というのはバミューダ海域から1属1種だけが知られる単型分類群で、Bousfield(1996)は、Parhyalella属またはヘッピリモクズ属の未成熟個体ではないかという説を唱えています.これに従うとSerejo (2004) で定義されたナミノリソコエビ科のメンバーになるはずですが、Serejo (2004) ではヒョットコヨコエビ科Najnidaeに含められています.また、WoRMSは2017年9月現在モクズヨコエビ科としています。このように見解が分かれているため、誰かがちゃんとやらないといけない案件です.私は標本を見てはいませんが、記述された形態的特徴や過去の経緯を鑑みて、本稿では私見で、モクズヨコエビ類に含まれうるものと解釈します.


 モクズヨコエビ科の旧メンバーでOB会的な「モクズヨコエビ類」を組織した場合、現在はKuriidae科に属しているMicropythia属も候補に挙がってくるかと思います.このKuriidaeというグループは古くはヘッピリモクズ属として記載されたものですが,雌雄ともに咬脚が小さいという特徴をもっており,オスの第2咬脚が大きくなるという性的ニ形が表れる普通のモクズヨコエビ類からは外れている感があります.ということで,独断と偏見により,モクズヨコエビ類からは除外します.

 Serejo (2004) の見解を認めた現行の分類では,ヘッピリモクズ属と一緒にExhyalella属,Marinohyalella属,Parhyalella属がナミノリソコエビ科に含められていますが,これらの属は河口~浅海域を中心に藻類に付着する特徴が共通していおり,元来のナミノリソコエビ科とは生態的に大きく隔たっています.ナミノリソコエビ科も海藻をガシャガシャやると出てくることもありますが,基本的には潜砂性です.ということで,この4属はモクズヨコエビ類と呼びたいところです.


 モクズヨコエビ類という用語は全くもってコンセンサスを得られていませんが,趣旨にご賛同いただける方は(何の役にも立たないだろうとは思いつつ)陰ながら応援しますので,是非ご参考にしていただければと思います.






2018年12月23日日曜日

2018年新種ヨコエビを振り返って(12月度活動報告)



 毎年恒例、年に一度の総決算の時期がやってまいりました。
 新種記載のみですが、一年間を振り返ってみます。
 
※2017年分はこちら
 

 記載者については、論文中あるいは私信で明言のある場合のみつけています。




New Species of


Gammaridean Amphipods


Described in 2018


(Temporary list)




January


Verheye, Lörz & d’Udekem d‘Acoz (2018)


Epimeria cleo


 南極からごつごつしたヨコエビの新種です。ロス海においてEpimeriidaeヨロイヨコエビ科Epimeriaヨロイヨコエビ属はこれで9種となったとのことです。分類は形態と分子の両刀使いで、本種はDrakepimeria亜属に含まれるようです。本文は有料ながらアブストに詳細な形態の記述があります。




Tandberg & Vader (2018)

Amphilochus anoculus


 北大西洋でのプロジェクトで発見されたチビヨコエビ属の新種を記載。形態による分類です。Amphilochopsis属の議論を行いつつ、大西洋北東部に産するチビヨコエビ属の検索図を提供しています。Zookeysなのでタダで読めます。




Krapp-Schickel (2018)

Leucothoe vaderotti


 Tandberg & Vader (2018)と同じプロジェクトで発見されたマルハサミヨコエビ属の新種を記載。形態による分類です。既知のこの属の分布一覧も掲載しています。Zookeysなので無料で読めます。




Peart (2018a)

Byblisoides bellansantini

Haploops dauvini

Haploops kaimmalkai


 こちらもTandberg & Vader (2018)と同じプロジェクトで得られたスガメソコエビ科の3新種です。Byblisoides属の検索表およびHaploops属の形質マトリクスを提供しています。Zookeysなので無料です。




Peart & Lörz (2018)

Exampithoe plumosa

Pseudopleonexes evensis


 ニュージーランドよりヒゲナガヨコエビ科の2種を記載。ニュージーランドに産するヒゲナガヨコエビ科の検索表も提供しています。Zookeysなので無料です。




Jung, Coleman, Kim & Yoon (2018)

Anonyx exilipes


 韓国からフトヒゲソコエビ上科ツノアゲソコエビ属の新種を記載。Anonyx abeiの再記載も行っています。Zookeysなので無料です。



Ayati, Dhaouadi, Mahmoudi & Piscart (2018)

Echinogammarus carthaginiensis

Echinogammarus tunetanus


 チュニジアから淡水性ヨコエビ科Echinogammarus属の2新種を記載。Crustaceanaなので本文は有料ですが、アブストで形態への言及があります。






February



Angyal, Solís, Magaña, Balázs & Simoes (2018)

Mayaweckelia troglomorpha Angyal in Angyal et al., 2018


 メキシコからハッジヨコエビ科の新種を記載。Mayaweckelia属はメキシコの淡水域のみから得られており、これで3種目となります。この研究では分子と形態による分類を行っており、詳細な採集情報とジーンバンクIDを対応させた丁寧な仕事が印象的な研究です。第1触角と、第6,7胸脚が非常に長く伸長するのが特徴。Zookeysで本文から美麗生体写真まで見れます。




Lee, Tomikawa, Nakano & Min (2018)

Pseudocrangonyx daejeonensis


 韓国よりメクラヨコエビ科メクラヨコエビ属の新種を記載。分子と形態の両刀使いです。本属はユーラシア極東に分布する淡水性ヨコエビで、日本にもいます。この研究では、同属他種(未記載種含む)と外群の28S,16S,ヒストンH3,Mt DNA COIの4つの遺伝領域を分子系統解析に使用した上で、データをCSVでアップロードするという凝った構成になっています。Zookeysなので無料で読めます。




Myers, Plaiti & Rousou (2018)

Microdeutopus periergos


 地中海のキプロスからユンボソコエビ科Microdeutopus属の新種を記載。これにより本属の種数は12種となったとのことで、オスの形態に基づく検索表を提供しています(本属やユンボソコエビ科の概要についてはこちらをご参照くださいませ)。本文は有料。




Sorrentino, Souza-Filho & Senna (2018)

Stephonyx transversus


 ブラジルよりフトヒゲソコエビ類 Stephonyx ツマミソコエビ属の新種を記載。下目としてAmphilochidaを採用しており、Lowry & Myers (2017) の新体系を採用した記載論文としては初ではないでしょうか。グレースケールのシェードが入った全身図が良い感じです。本文は有料。




Labay (2018a)

Vinogradovopleustes punctatum


 オホーツク海よりテングヨコエビ科の新種新属を記載。Pleusymtinae(エゾテングヨコエビ亜科)の検索表も提供。亜目にGammmarideaを採用していてドキドキする論文。本文は有料。





March



Narahara-Nakano, Nakano & Tomikawa (2018)

Eurythenes aequilatus ヒロメオキソコエビ


 北海道からオキソコエビ属の1新種。分子と形態の両方からアプローチしており、沖縄から得られたE. magellanicus コブオキソコエビ も含め、近縁種の系統樹を描いています。本文は有料。
※昨年7月にオンラインで閲覧可能となったものの、出版が2018となっていたため、そちらに従っています。




Corbari & Sorbe (2018)

Dulichiopsis dianae


 大西洋の深海熱水噴出孔まわりから、Dulichiidae シャクトリドロノミ科 の1新種を記載するとともに、生態を記述しています。遺伝子情報も解析し、Zoobankとも連携しています。本文は有料。 
※昨年10月にオンラインで閲覧可能となったものの、出版が2018となっていたため、そちらに従っています。





Hupało​, Mamos, Wrzesińska & Grabowski (2018)

Gammarus plaitisi


 クレタ島から淡水性Gammarus属初の固有種が見つかったというセンセーショナルな見出しが付いています。従来の付属肢の形態比較と分子系統解析の手法に加えて、SEMを用いて体表構造の検討も行っている、かなり面白い研究です。Peer Jで公開されており、本文が無料で読めます。




Myers, Trivedi, Gosavi & Vachhrajani (2018)

Elasmopus sivaprakasami


 インドからイソヨコエビ属の1新種を記載。 日本産の種に含まれるものとして処理されていた隠蔽種のようです。本文は有料。




Hou & Li (2018a)

Gammarus altus

Gammarus gonggaensis

Gammarus limosus

Gammarus kangdingensis


 チベット高原より4新種を記載するとともに、同地域に産する15種の形態分類キーと、その他の近似種との違いを議論。Zookeyなので無料。




Bastos-Pereira, Alves de Oliveira & Ferreira (2018)

Hyalella troglofugia


 ブラジルからHyalella属の1新種を記載。盲目種ながら表層水から見つかるというレアなケースで、今後の研究での課題となるでしょう。提携していないと本文を読めませんが、アブストに形態の記述あり。




Fišer, Alther, Zakšek, Borko, Fuchs & Altermatt (2018)

Niphargus luchoffmanni

Niphargus tonywhitteni


 スイスからNiphargusの2新種を記載。この属は西ユーラシアに約340種が分布し、 驚異的な多様性を誇ります。ミトコンドリアDNAの1領域(COI)と核DNAの3領域(リボソームRNA 28S,ヒストンH3,ITSII,II)を用いた分子系統解析に加え、DELTA(DEscription Language for TAxonomy)でデータベースを構築して形態の解析を行った上で、スイス国内から得られている19種(および種群)について比較表を提供しています。Zookeysなので無料で読めます。






April



Johansen & Vader (2018)

Halicoides borealis


 昨年、一世を風靡した Nicippe recticaudata トヨタマミコヨコエビ と同じPardaliscidae科に属する深海性ヨコエビの1新種を報告。本文は有料ですがアブスト内で詳細な形態の記述があります。



Hou, Zhao & Li (2018)

Gammarus vallecula Hou & Li in Hou et al., 2018

Gammarus qinling Hou & Li in Hou et al., 2018

Gammarus zhigangi Hou & Li in Hou et al., 2018

Gammarus jidutanxian Hou & Li in Hou et al., 2018

Gammarus longdong Hou & Li in Hou et al., 2018

Gammarus mosuo Hou & Li in Hou et al., 2018

Gammarus caecigenus Hou & Li in Hou et al., 2018


 中国南部の陝西省,四川省,湖北省からGammarus属の7新種を記載。G. caecigenusは無眼種とのこと。Zookeysなので無料です。




Marin & Sinelnikov (2018)

Stenothoe nhatrangensis

Stenothoe irinae


 ヴェトナムのニャチャン湾からタテソコエビ属の2新種を記載。生体カラー写真を掲載しています。付属肢の線画は、基節に底節板の影を点描で書き込むという特殊な手法で描かれています。本文は有料。




Nakano, Tomikawa, Hou & Morino (2018)

Myanmarorchestia nunomurai Nakano & Morino in Nakano et al., 2018


 昨年ミャンマーの産地から記載されたMyanmarorchestia属の新種を、中国雲南省から記載。




Beermann, Westbury, Hofreiter, Hilgers, Deister, Neumann & Raupach (2018)

Epimeria frankei Beermann & Raupach in Beerman et al., 2018


 北海のヨロイヨコエビ属に1新種を追加。形態と分子を解析して隠蔽種をあぶりだすだけでなく、姉妹群の類縁関係についてかなり掘り下げています。固定し標本にした状態での形態的特徴は既知種(E. cornigera)とよく似ていますが、生時には色彩が明瞭に異なるという例でもあります。無料で読めます。




Stokkan, Pérez-Fernández, Baena & Jaume (2018)

Pseudoniphargus morenoi Stokkan & Jaume in Stokkan et al., 2018

Pseudoniphargus gevi Stokkan & Jaume in Stokkan et al., 2018


 スペインからマミズヨコエビ類(小目)に属するPseudoniphargusの2新種を記載。この属は地中海を中心に欧州からアフリカにかけて70種以上が報告されている地下水性ヨコエビです。形態形質のマトリクスを掲載。Zootaxaなので基本的に本文は有料ですが、今はタダで読めるようになってるみたいです。






May


Tomikawa & Nakano (2018)

Pseudocrangonyx akatsukai アカツカメクラヨコエビ 

Pseudocrangonyx komaii コマイメクラヨコエビ


 本邦のメクラヨコエビ属の隠蔽種を2新種として記載。これまで西日本から報告されてきた Pseudocrangonyx shikokunis シコクメクラヨコエビ は P. akatsukai アカツカメクラヨコエビ に置換され、P. kyotonis キョウトメクラヨコエビ とされてきた中日本の個体群は P. komaii コマイメクラヨコエビに置換されました。また、メクラヨコエビ科の分子系統樹とメクラヨコエビ属の形態分類検索表を提供しています。本文は有料です(めっちゃ高い)。





Tomikawa, Hirashima, Hirai & Uchiyama (2018)

Melita choshigawaensis チョウシガワメリタヨコエビ


 三重県の銚子川河口から採取されたメリタヨコエビの1新種。NHKスペシャルでも取り上げられ、銚子川の美しさとともに全国に紹介され、大いに盛り上がりました。本種の記載は、従来形態学に基づいてきたメリタにも、とうとう分子系統のメスが入ったことを宣言するものでもあります。河口域のメリタといえば M. shimizui シミズメリタヨコエビが代表種ですが、ミトコンドリアDNAのCOI領域を検討した上で、メスの第6胸脚底節板やオスの第3尾肢の形状が明瞭に異なることを示しています。Zookeysなので本文は無料です。
 



Tomikawa, Nakano, Othman & Morino (2018)

Brevitalitrus pangkorensis Tomikawa & Morino in Tomikawa et al., 2018


 マレーシアからハマトビムシ科の1新種を記載。メス咬脚の表面構造をSEMで探ったりしています。属内の検索表を提供。SDなので無料で読めます。





June



Joseph, Nandan & Jayachandran (2018)

Victoriopisa cusatensis


 インドのマングローブ帯から、当国においてセンドウヨコエビ科ホソオヨコエビ属の第3の種にあたる1新種を記載。
 種小名の"cusat"とは「Cochin University of Science and Technology」の略で、インドの大学の名前がついたということで、幾つかのメディア(The New Indian ExpressThe Times of India)で取り上げられました。
 Zootaxaに掲載された記載論文の本文は有料ですが、アブストにてそこそこ形態の記述があります。
 



Ariyama (2018)

Maeropsis okinawaensis オキナワスンナリヨコエビ 

Orientomaera decipiens フトベニスンナリヨコエビ 

Orientomaera obliquua ホソベニスンナリヨコエビ 

Orientomaera rotundicoxa マルカドスンナリヨコエビ


 スンナリヨコエビ界隈に新知見をもたらす連載がスタートします。かねてより懸案であった「日本のスンナリヨコエビがすんなりいかない問題」に、有山先生のメスが入るとの話は既に耳にされた方も多かったかと思いますが、とうとうその第一弾がリリースされました。手始めに沖縄から Maeropsis(新・スンナリヨコエビ属)の M. okinawaensis オキナワスンナリヨコエビを記載した上で、ホームグラウンドである和歌山や大阪から得られた標本を中心に検討し、3新種を含む Orientomaera トウヨウスンナリヨコエビ属という新属を建てています。



Lörz, Jażdżewska & Brandt (2018)

Rhachotropis saskia Lörz & Jażdżewska in Lörz et al., 2018


 千島列島の深海から テンロウヨコエビ科 リュウグウヨコエビ属 の1新種を記載。分子と形態の両刀遣いで、スケッチに加えて標本の落射光カラー写真SEM画像まで掲載されています。貴重な捕食の瞬間を固定した写真もあり、属内の検索表もあり、千島海溝から得られた他のヨコエビの深度分布もあり、盛りだくさんで、亜目にはGammmarideaを採用しています。PeerJで記載される種というのはあまり多くない気がしますが、無料で読めるのでありがたい限りです。



Peart (2018b)

Byblisoides monicae

Byblisoides richardi


 南極とニュージーランドから深海性のスガメヨコエビであるByblisoides属の2新種を記載。深海性ヨコエビのサンプル数があまり採れない問題に関する議論も交えつつ、属内の検索表も提供しています。本文は有料。




Drumn (2018)

Cerapus slayeri

Cerapus ryanadamsi


 メキシコからCerapusホソツツムシの2新種を記載。Senticaudata亜目を採用。巣の様子がよく分かる標本の落射光写真に加えて、今どき珍しい殻の厚みを表現したスケッチがとても印象的です。本文は有料です。



Sidorov, Hou & Sket (2018)

Gammarus troglomorphus

Gammarus parvioculatus

Tadzocrangonyx alaicus


 淡水性ヨコエビ科の2属について、トルクメニスタンから2新種,キルギスタンから1新種を記載。聞き慣れないTadzocrangonyxという属はタジキスタンやキルギスタンの地下水系に生息するグループで、これで3種目のようです。Zootaxaですが無料で読めます。





July



Zettler & Myers (2018)

Ledoyerella kunensis


 ナミビア,アンゴラ近海から Kamakidae カマカヨコエビ科の1新種を記載。インド洋から太平洋にかけて近縁種の比較を行っています。本文は有料。





August



Hancock (2018)

Haustorius galvezi

Haustorius allardi


 メキシコ湾からツノヒゲソコエビの2新種を記載し、H. jayneaeの新産地を報告。 Haustorius属とLepidactylus属のレビュー,メキシコ湾内のツノヒゲソコエビ科の検索表を提供している盛りだくさんな論文です。本文は有料。




September



Dole-Olivier, Hafid & Piscart (2018)

Pseudoniphargus djemoi


 アルジェリアからマミズヨコエビ下目の暗居性ヨコエビ1新種の報告。本属は欧州からアフリカにかけて70種以上が分布しているわりと大きなグループです。アブストにて簡単に形態の解説あり。本文は有料。



White & Machida (2018)

Leucothoe batillum

Leucothoe cracentis

Paranamixis lunata


 台湾から Leucothoidae マルハサミヨコエビ科の3新種を記載。南シナ海とフィリピン近海の既知種リストに加えて、新たに13種を記録しています。全16種の美麗な生体写真を掲載という気合いの入りまくった論文ですが、無料で読めます。





October



Hou & Li (2018b)

Bogidiella pingxiangensis Hou & Li, 2018


 中国南部江西省萍郷市の洞窟よりカンゲキヨコエビ属の新種。既知種のタイプロカリティから500km離れているとのこと。ホロタイプのlabiumを破損という衝撃の告白に震えます。Zookeysなので無料で読めます。



Wongkamhaeng, Dumrongrojwattana & Shin (2018)

Allorchestoides rosea 


 タイから Dogielinotidae ナミノリソコエビ科の新属新種の記載です。Zoobankと連携しています。Coleman (2003) で紹介されたColeman methodに則って描画されています。Allorchestes ヘッピリモクズ属と似て海藻に付着する種らしく、”rosea”という種小名の通り、鮮やかな赤色を帯びている様子が生態写真からも確認できます。ただ、掲載されている検索表はkey1から重大な欠陥があり、分類には使用できません
 また、今ジタバタしてもしょうがないですが、AllorchestesはHiwatari et al. (2011)の分子系統解析によって、狭義のナミノリソコエビ科とは類縁関係に隔たりがあることが示唆されているため、本属も将来的にナミノリソコエビ科から外される可能性がありそうです。とりあえず論文は無料で読めます。




Sidorov, Reddy & Shaik (2018)

Orientogidiella reducta

Bogidiella hindustanica

Indoniphargus subterraneus


 インドから地下水性ヨコエビ3新種を記載するとともに、Orientogidiellaという1新属を建てています。また、Bogidiella indicaの再検討を行い、この種を新属のOrientogidiellaに移したりしています。さらに、これまでマダガスカル固有種のみで占められていたAustroniphargidae科に、Mesogammaridae ナギサヨコエビ科からIndoniphargus属を移動させたようです。



Momtazi, Maghsoudlou & Just (2018)

Cephaloecetes ungulatus


 イランからヤドカリモドキ類(ハイハイドロクダムシ類)の1新種を記載。本文は有料。



Just (2018)

Sebadexius cebuense


 フィリピンのセブ島からエンマヨコエビ亜科の1新種を記載。ニューカレドニアから記載された単形分類群Sebadexius neocaledoniensis Ledoyer, 1984をレビューし、新種を見出したとのこと。本文は有料。



Myers, Lowry & Barnes (2018)

Eriopisella moretoni 


 オーストラリア初となるEriopisella属の1新種を記載。センドウヨコエビ科は欧州・アフリカ・南米・アジアなど広く分布しているものの、オーストラリアにいる属は限られています。既知種の属内検索表を提供。本文は有料。



Labay (2018b)

Cognateosymtes serraticoxae


 樺太からテングヨコエビ科の新属新種を記載。Eosymtinae亜科内の属までの検索表を提供しているようです。本文は有料ですが、アブストで詳細に形態的特徴が述べられています。



November


Esmaeili-Rineh (2018)

Niphargus lorestanensis Esmaeili-Rineh, 2018


 イランからNiphargus属の1新種を記載。Mt DNA COI,28srDNA,ヒストンH3を使った分子系統解析を実施するとともに、しっかり形態も見ています。本文は有料。


December


Alves, Neves & Johnsson (2018)

Quadrimaera yemanjae

Quadrimaera miramirandella


 ブラジルからスンナリヨコエビ類の2新種を記載。Q. cristianaeQ. pieteriの新産地の報告と、Q. rocasensisについては新産地に加えてメスの形態を初記載しています。属内の検索表を提供。本文は有料。




 以上、私の調べた限り、2018年は77種の新種が確認されました。昨年の108種より少なめですが、昨年はd’Udekem d’Acoz & Verheye (2017) という28種にのぼる巨大な記載論文もありましたので、概ね同じペースと考えてよいでしょう。





<特報>

 あと、これは未出版ですが、今年5月にオーストラリア近海の水深1000mで見つかった端脚類、フトヒゲソコエビ小目のThoriellidae科らしいのですが、あまりに珍奇すぎて新属が建つようです(Tweet of Dr. Halfer)。

 記載準備は進んでいるようで(線画が公開されてしまっています)、どのような論文が出るのか楽しみです。









2018年11月24日土曜日

干潟の望月(11月度活動報告その2)


 秋も彩り豊かにいよいよ深まり、朝晩の冷え込みの中にどこか冬の足音が聞こえる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。


 さて最近、11月と12月のラベルの干潟のヨコエビ標本がほとんどないことに気付きました。

 春を過ぎると潮が悪くなるとともに、海藻の現存量も芳しくなく、干潟でヨコエビを採るのはだんだん厳しくなってきます。

 しかしまあ、一度も調査したことがないというのもアレなので、東京湾内湾最大級のヨコエビリティを誇る干潟で冬季採集を試みました。




 折しも、藤原道長が望月の歌を詠んでからちょうど1000年目にあたるという満月が、纏った薄雲を眩く輝かせながら、天頂から見下ろしています。



 千葉県某所干潟
 午後10時

 暗いので写真はほぼないです。
 この干潟の夜間アタックは学生以来ですね。当時は1.2kmばかり歩いて30測点以上採取し、その後夜通しソーティングなどしていましたから、若かったんですねぇ・・・

 今回の本命は潜砂性種とします。

 また、新たな採集法も試します。



誑かす砂上の月光

(ハマトビキャッチャー)



 砂浜水盤ライトトラップです。
 ここでのハマトビキャッチャーも学生以来です。

 白浜では採れるかどうかの確認でしたが、今回は効率的な採集を目的として、放置プレイバージョンと、攪乱ありバージョンなどで効果を比較してみました。この結果については改めてどこかで。

ハマトビキャッチャー(改)

 使用したLEDライトは公称1000LMらしいのですが、見た感じはよく分かりません。COB12灯の拡散光、とにかく頼もしい明るさです。

 ハマトビキャッチャー実施中に沖で採集していましたが、この通り、遠くからでもよく見えます。暗くなると道が分かりにくくなるので、以前の夜間アタック時もライトを吊るしたり工夫していましたが、これは一石二鳥です。

矢印部分がハマトビキャッチャー改の光です

 ありがたいことにというべきか、不思議なことにというべきか、これをやるとハマトビ(と寄生ダニ)しか採れません。土地柄や季節もあるでしょうが、目的外の生物を殺さずに済むのは良いことです。

Platorchestia pacifica

 ハマトビキャッチャーは、沈黙を抱く湖(エキストラハイパートニック)と併用できますが、集められたハマトビは光に寄せられてバットからあまり逃げないので、普通の海水でも問題ありません。




濡れそぼつ小さな秘め事

(シークレットバイブレーション)


 これはフエコチドリの足技から着想した技です。
 砂をコチョコチョして獲物を探索する行動は渉禽類などでよく見られるのですが、その再現を狙ったものです。

 使用するのはこちらです。


Amaz○nにて購入。2399円。

 市販されている観察用具です。モーターが内蔵されており、10種類のモードから振動パターンを選択できる優れモノです。

 全体がシリコンコーティングされており、マグネット電極充電式なので、水中でも使用できます。 

オゴノリに潜らせてみる

 やってみると、海藻の中にいるヘラムシやアゴナガヨコエビなどがフラフラと出てくる感じがします。
 海藻の付着生物狙いであれば従来のように普通にバットで洗ってもよいのですが、海藻が基質から取り外せない場合や、バットにあけると噛んでいた砂がばっと広がって生き物を見つけにくいような、夾雑物が邪魔になる場合などに使えそうです。


アゴナガヨコエビ属 Pontogeneia

 また、今回砂中に挿入した限りでは、特にこれといった収穫はありませんでしたが、スゴカイイソメやイワムシなど潜行能力が高く掘り起こし採集が難しい多毛類に使っても良いかもしれません。

 この観察用具、寒い干潟では握り締めることで指先の血行が促進され、またモーター部が発熱することで、暖を取ることができるというメリットがあります。
 また、本来の用法ではありませんが、眼精疲労や肩こりによく効きます。
 ただし、取扱説明書を見ると、なぜか対象年齢が18禁表記になっていましたので、ご購入時にはお気を付けください。




 ちなみに、砂を掘りましたが、出てくるのはウミナナフシばかりで・・・
 あとはヒメドロソコエビ属と、エビジャコと、クーマですね・・・


未成熟だがたぶんヒメドロソコエビ Paragrandidierella cf. minima




 夜の干潟は視界が非常に悪く、泥干潟などに入り込むと極めて危険です。夜間チャレンジする前に、昼間に何度も足を運んで現場の状況を頭に入れておく必要があるでしょう。
 また、干潟を吹きすさぶ風と突いた膝から上ってくる冷気は、身体を冷やすには十分です。冬干潟は楽しいものですが、風を遮断できる素材,保温素材,首周りの防寒,そして手足から逃げる熱への対策が重要です。

 夜間かつ冬の採集は、これらが連携攻撃で襲ってきます。単独行動は極めて危険(良い子は真似しないでね☆)であることと、引き際が肝心であることは申し添えておきます。
 今回も不甲斐無いことに目的種についてはボウズでしたが、無事に還れたのでこれでよいこととします。


2018年11月3日土曜日

Journey to Sagamihara(11月度活動報告)



 ワレカラの同定体験コーナーという攻めた企画があると聞き、天下の北里大学に潜入しました。

バス停からキャンパスまで遠くてびっくりしました。



 北里大学には自然科学系の活動が充実しているようで、水圏の生物を扱ったブースだけでも、生物部, 沿岸生物学研究会,アクアリウムラボなど。


 そしてワレカラが同定できるのはこちら、沿岸生物学研究会。


相模原キャンパスの奥まった一角にそれはありました

 藻場に造形が深いらしい。


 ドレッジや付着板の調査が主らしい。


ワレカラはいいぞ。


 コシトゲワレカラ、マルエラワレカラ、イバラワレカラ、クビナガワレカラなどワレカラmixが置いてあり、『海岸動物図鑑』とオリジナルの資料で同定し放題という太っ腹。


 こんな贅沢な展示はなかなかありませんよね。



 横にあるスクリューバイアルは無理を言って出してもらったヨコエビです。


 
 そしてグッズも。

某ガシャポンのようなヨコエビのシール




 また新たにヨコエビストにお会いできたのは嬉しいですね。

 今後の展望も楽しみです。